スポンサーリンク




ビジ基礎

【ビジネス基礎】高単価戦略

更新日:

こんにちは。ゆかです(^^)

 

5日目ということで、またさらにしっかり【ビジネス基礎】を身につけていきましょう。

 

早速、音声講座をどうぞ。

※(注)再生をクリックするとすぐに音がなります。約14分の音声となっております。

 

前回は【ビジネスを独占する方法】についてでしたが、今回知って欲しいことは【高単価戦略】です。

 

個人がビジネスでしっかり稼ぐ為には高単価の商品を売っていく必要があります。

その理由や高単価商品が売れるのかなどを詳しくお話していますので、しっかりお聴きください。

 

そして、いつも言ってますが、ネットビジネスで大切なことは『行動』『継続』です!!

 

行動が出来ないと、結局勉強してもそのスキルを活かせないということです。

まず、あなたがここで学んだら、学んだことを誰に伝えてください。自分の思ったことも交えてね。

人に伝えるということをアウトプットと言います。

アウトプットすることで、自分のスキルとしてしっかり身についていきます。

 

この10日間の講座で学んだことをアウトプットしながら最後まであきらめずに続けてください。

 

アウトプットすることで、自分のスキルになります!!

続けることで、小さな達成感が生まれます!!

 

その小さいけれども感じた達成感というのが、あなたの自信へと繋がりますので、あきらめずにがんばりましょう!!

 

音声にてお話した内容は文章でもまとめています。

音声聴けないよ(;´∀`)って時は文章でお読みいただければ幸いです。

 

高単価戦略とは?

 

お客様1人あたりから多くのお金をいただくことです。

個人が高単価を目指すたならば、戦略をしっかり考えることが必要なんです。

 

戦略というのは、漢字を見ると分かるのですが、戦いを略すと書きます。

いかにして戦わないかをという方法を見つけることが戦略ということなんです。

 

どうしたら個人がビジネスで戦わずして稼ぐことが出来るのか?ということです。

 

競合の販売方法

 

まず先に大手の競合がやっている方法をお伝えします。

 

大手は安くて良いものを販売しています。安くて販売することを低単価といいます。

低単価ビジネスをしている大手は、100円ショップとかディスカウントショップです。

 

大手は、たくさんの商品をまとめて仕入れることが出来るので、価格を一気に安くすることができます。

 

安くて商品を販売をすることは、価格競争をしなければいけません。どれだけ安くするのか?ということです。

 

大手は価格競争に勝つためのたくさんの資金を使います。たとえ赤字になったとしても価格競争で1番を取りに行きます。

人は商品を買うとき安いものから買おうと探します。

 

安いものってよっぽどのことがない限りは、1番目のモノが選ばれるんです。

 

だから低単価で勝負するには、個人が大手に勝つってことはできないのが現状です。

 

では個人はどうやって稼いでいくべきでしょうか?

 

売上というのは

 

個人の稼ぎ方を説明する前に、売上というのがどういう風な構成となっているのかですが、客数✖単価✖頻度となっています。

いまある売上をアップしたいということなら、まずは3つのどれかを高めることです。

 

個人のビジネスに関して言うと、頻度をアップするのは難しいです。

 

頻度ってたくさんのお店からずっと継続して選んでもらえるようにするってことなんですが、個人の人はそんなに頻繁に商品は出していないので、頻度を高めるのは厳しいです。

 

次に客数をアップするということも、いきなりお客さまを爆発的に増やすことはできません。

客数アップは一番難しい問題でしょう。

 

個人が売上をアップさせるためには?

 

客数・頻度をアップさせるのが難しいとなると残すところは【単価】です。

単価アップを目指すのが一番いい方法になります。

 

例えば今現在が、

10,000円の商品を10人が購入してくれ、売上が100,000円だとします。

 

それを客数を半分にします。

 

客数を減らすってヤバいでしょ!!って思いますよね。

 

そうじゃないんです。

 

客数は半分にするかもしれませんが、その代わり単価を30,000円にアップします。

 

そうすると

30,000円の商品を5人が購入してくれ、売上が150,000円になるんです。

お客様を減らして単価を上げるという方法は、売り上げとしてはマイナスになることはないです。

同じになるかアップするかになると思います。

 

こうしてお客様を減らすことで、より良いサポートをつけることができるんです。

 

良いサポートをつけることで、口コミとかで商品が広がり、ずっと売れる良い商品になるんです。

 

高単価で売るために?

 

今の時代何にお金を使っているのか?とうことを考えてみましょう。

 

昔と今では何にお金を使っていたかってことは変わっているのです。

 

今の時代は生活必需品にお金を使います。

ですが、生活必需品は、なるべく安く欲しいっていう感じで安く手に入れようとしています。

 

一方、高くても売れているものっていうのがあります。

 

それは、個人最適(個人に最適化されたもの)にお金を使っています。

 

個人最適というのは、あなた一人のためのという意味です。

 

例えば、オーダースーツとかは個人最適の商品です。

自分の身体に合わせたスーツを作ってくれるので、オーダースーツは高くても購入する人が多いんです。

 

これからの時代は、個人最適なものを作ることが大事になってきます。

 

消費者さんは、当事者意識といって『わたしのためのものだ』って思わないと買わないようになっているんです。

 

当事者意識に変えるためには、共感を得ることが大切です。

 

共感って共に感じると書きますが、簡単な表現をすると『それわかる!!』っていう気持ちにさせることです。

 

共感をもってもらうためには、押さえる3つのポイントがあるんです。

 

前回の【ビジネスを独占する方法】でもお伝えした、MSP・理想・教義という3つです。

 

MSPは自分の世界観や価値観になります。それを知ってもらい、理想や自分の教えている内容っていうのに共感を生み出していくことで個人最適されることにつながります。

 

高単価戦略をする上で一番大事なことは?

 

個人が高単価で商品を販売していくために共感を得られるように、MSP・理想・教義という3つのポイントを押さえていくことを心がけましょう。

 

では最後にわたしのTwitterでのアウトプットです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!!】

【メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!!】

ネットビジネスをやってみたいけど『子育ても家事も忙しくて…』という方に、ぜひとも読んでいただきたいです。

アフィリエイト情報をモリっと詰め込んでいます!!

【お気軽にお問い合わせください】

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

 

-ビジ基礎
-, , ,

Copyright© 初心者のパート主婦が副業収入を得た方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.