スポンサーリンク




ビジ基礎

【ビジネス基礎】マネタイズ

更新日:

こんにちは。ゆかです(^^)

 

10日目!!これが最終日ということで、またさらにしっかり【ビジネス基礎】を身につけていきましょう。

早速、音声講座をどうぞ。

※(注)再生をクリックするとすぐに音がなります。約12分の音声となっております。

 

前回【人を動かすコンテンツ】についてでしたが、今回知って欲しいことについてですが【マネタイズ】についてです。

いかに商品を作り販売するのか?お客さまに結果を出させるのか?

このマネタイズ部分をしっかりお話します。

 

そして、いつも言ってますが、ネットビジネスで大切なことは『行動』『継続』です!!

行動が出来ないと、結局勉強してもそのスキルを活かせないということです。

まず、あなたがここで学んだら、学んだことを誰に伝えてください。自分の思ったことも交えてね。

人に伝えるということをアウトプットと言います。

アウトプットすることで、自分のスキルとしてしっかり身についていきます。

最終日までしっかりと続けられたあなたは凄いです!!自信を持ってください。

達成感をしっかり味わってください。

そして、この音声を毎日聴いていた事でビジネス基礎という部分での知識レベルが高くなったと思います。

その知識をこれからどう活かすのか?

それにはしっかり行動をしていかなければいけません。

一番難しい部分です。

その行動については番外編にてお伝えします。

 

音声にてお話した内容は文章でもまとめています。

音声聴けないよ(;´∀`)って時は文章でお読みいただければ幸いです。

 

マネタイズする商品って?

 

ネットビジネスでやることは、商品を売って、お金を稼いでいくということですが、これをマネタイズと呼びます。

そもそもその商品についてですが、『どういう商品』で『どういう価格』で『どういう風』に売っていくのかというところです。

 

商品の定義というのは、資本主義のマーケットに持ち込んで、お金と交換するだけの価値あるものを言います。

 

価値がないものは商品ではありません。

 

そこらへんに落ちている紙の段ボールには価値はないけれど、同じ紙でも本になれば価値があるということです。

 

人がお金を払ってでも手に入れたいと思うモノが商品ということになります。

 

 

人がお金を払っても良い商品とは?

 

ネットビジネスでは、商品を作り、お金を払ってもらうということをしたいんです。

 

人がお金を払ってでも手に入れたいモノって何でしょうか?

 

今までの【ビジネス基礎】①から⑨まであったかと思います。それのまとめのような形になります。

 

何を人は欲しいと思い、お金を払っていいと思うのかというと、それは【個人最適】です。

個人最適って『わたしのためのものだ!!!』という個人に最適化されたことを言います。

 

人は、これが欲しいのです。

 

想い描く理想に連れていってくれるモノにお金を払うんです。

 

商品はどうやって作る?

 

商品はどうやって作ったらいいのか??ということなんですが、簡単なことです。

 

コミュニティとか自分に共感してくれたメンバーを観察することで、商品は作れます。

その人達をよーく見てたらどこで困っているのかどこで躓いているのかが分かります。

 

【躓いているところを乗り越えさせられる商品を作ってあげる】単純にこれだけで良いのです。

 

みんな同じところでつまづくのでよく見れば分かります。

 

躓いているところを進めてあげられる商品を作って販売し、理想に近づけていく、これが情報発信での稼ぎ方になります。

 

どこでお金を払ってもらうのか?

 

お金をもらうタイミングというのは、行動してもらうときです。行動料ということなんです。

人間はゼロ円で教えてもらったことは、やらないし、続かないんです。

 

だから行動させるためにお金を払ってもらうんです。しかも高単価で。

 

そうじゃないと人は動きません。

 

2,3万くらいだったら身銭を切っていないので、痛くはありません。

身銭を切らせるということですが、『高いな』って思うくらいの金額で出すことです。

 

それが大事になります。

 

理想に近づくためには、何度も壁にぶつかるものです。

 

ぶつかるたびにその壁を超える商品を作り、販売するとそのたびに売れるというのが、リピーターという事になります。

例えば1000円や2000円のnoteを買ったとしてそれを何度も読み込みますか?

1度や2度見たくらいでやめると思います。

 

だから低単価はするべきではないんです。

 

リピーターは生まれないし、お客様は成長できません。

 

高単価で商品を販売するためには?

 

高単価で販売するためには、お客様にとっての壁がどこかっていうのを見極めることが大事です。

 

的外れなモノを商品にしても売れません。

 

商品が売れないということは、設定コンセプトがあっていないということになります。

ピンポイントの商品であれば、常識の範囲内の高単価であれば売ます。

さらに、商品をピンポイントな場所に置くことでお客様は飛びついてくるんです。

 

『けど高いな』という金額が一番重要なポイントです。『けど高いな』ってところを乗り越えることで、コミュニティは理想社会に近づくことが出来るんです。しかも感謝されながら。

 

感謝されるために、結果が出る商品を作りましょうということです。

 

行動させるまでは、情報は無料でバンバン出して良いのです。

具体的な方法を伝えるときは、行動が伴ってくるのでお金を払ってもらって行動してもらうんです。

結果を出すための行動は正直めんどくさいことだらけです。

 

だからこそお金の力をかりて強制的に動かしましょう。ってことです。

 

これがマネタイズの全体像です。

 

商品を作るためにやること

 

商品についてどうしたら良いか分からないという人は、とにかくコミュニティのメンバーを観察してください。

観察することをリサーチといいます。

 

リサーチって、仮説を徹底的に調べることです。

自分がこうじゃないかな?って思ったことを、アンケートを取ってみたり直接聞いてみたりすることで、やっぱりこういうことでつまづくんだとかやっぱりこっちだったのかとかを検証するというのが大事です。

 

観察したら自ずと商品が出てきます。

 

コミュニティのメンバーを理想世界に連れていくための勉強というモノは無料で良いんです。

コミュニティに居る人が『Why』の部分をしっかり学ぶというのは基礎になるので、何も行動はしていない状態です。

大変なことを実践するときに初めて身銭を切ってもらうということなんです。これが商品を作る方法になります。

 

 

どういう商品を作っていきますか?

 

コミュニティとか自分に共感してくれる人たちを理想世界につれていく商品というのがどうやって作られている仕組を知り、これから自分が出来ることをしっかりやっていきましょう。

 

これがビジネス基礎の最終となります。

①から⑩までネットビジネス基礎を毎日書くことをやり切りました!!

 

わたしのTwitterでのアウトプットです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【お気軽にお問い合わせください】

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

 




-ビジ基礎
-, , ,

Copyright© 初心者のパート主婦が副業収入を得た方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.