>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法はこちら

Googleがインデックスしない記事とは?対策方法を徹底解説します!!

Googleからインデックスされていない記事はチェックしていますか?

インデックスとは、検索エンジンがWebページをデータベースに登録することを言います。

そもそも、ブログ記事がインデックスしてもらえないと、ネット検索で記事が誰にも発見されないということです。

Googleの検索の仕組みに関しては、別記事に詳しくまとめています。

ですので、もしインデックスとかよく分かっていない方は、こちらを先にお読み下さい。

では、今回は、Googleにインデックスされない記事ってどんな記事?と、そのインデックスされなかった記事の対処法をお伝えします。

せっかくブログ記事書いているのでしたら、ちゃんとGoogleに評価して欲しいところです。

ですので、ブログ初心者さんで、記事更新を頑張っているんだけど、いまいちアクセス伸びてないなって方は、最後までお読みいただければと思います(^O^)/

Googleのクローラーにインデックスされない理由

細かいことを書けば、Googleのクローラーがインデックスしてくれない理由ってたくさんあるのです。

でも、細かいことはちょっとよく分からなすぎる専門的なことなので、初心者さんでも分かりやすい大きな理由を3つご紹介します。

  • Googleガイドライン違反
  • 記事の内容が悪い
  • ワードプレスの設定がクロールしないになっている

この3つの理由を気をつけていたら、大抵は大丈夫です。

では、詳しく解説し、解決方法をお伝えします。

Googleガイドライン違反とは?

Googleは、ガイドライン(品質に関するガイドライン)を公式サイトに掲載しています。

・コンテンツの自動生成
・リンク プログラムへの参加
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・コンテンツの無断複製
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
・リッチ スニペット マークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

このGoogleが掲げているガイドラインを違反したWEBサイトを運用しているとペナルティを受けてしまうので、サイトの評価は落ちてしまいます。

ちょっとガイドラインの基準が分からないと思いますので、分かりやすくすると・・・

  • 無理矢理キーワードを詰め込む過剰なSEO対策
  • 同じようなコンテンツの使い回し(重複コンテンツ)
  • 内容がない薄っぺらいコンテンツ
  • 不自然な被リンク
  • 不自然な発リンク
  • 相互リンク

などなど・・・

このようなサイトをGoogleは嫌います。

Googleガイドライン違反の解決方法

仮にGoogleから評価を落とされてしまったら、その原因となる部分を突き詰めて改善すると大丈夫です。

どのコンテンツがガイドラインの違反なのかの判断はちょっと難しいところですが、Googleサーチコンソールを使って下さい。

まだ、Googleサーチコンソールを導入していないという方は、今すぐGoogleサーチコンソールを導入しましょう!!

Googleサーチコンソールで何か問題がある場合は、カバレッジという項目を開くと教えてくれます。

※カバレッジは、サイト内のインデックス状況を知ることができるサーチコンソールの機能です。

カバレッジの画面を開くとこのようなインデックス状況が見れるので、そこから左側の「/sitemap.xml」を選択して、【除外】をクリックして下さい。

↓↓↓

除外されているコンテンツが分かります。

該当しているところをクリックすると、どのページが除外なのかが見えます。

このようにして、Googleから「NO!」といわれているコンテンツが、Googleのガイドラインに引っかかっているということになります。

確認して、記事を修正しましょう。

そうすることで、修正後、クローラーが回ってきて、良いと判断されたらちゃんとインデックスされるようになります。

記事の内容が悪いとは?

前項のGoogleのガイドラインの一部になってしまいますが・・・

記事の内容が悪い、または薄いコンテンツは、どんなに頑張って更新しても、Googleにインデックスしてもらえません。

クローラーは回ってくるけど、検索には上げてもらえない状況です。

もっと具体的に記事の内容が悪い・薄いコンテンツがどんなものかをお伝えすると・・・

  • ただの個人の日記
  • 文字数が少なすぎる
  • 上部だけの情報をちょこっとまとめている
  • SNSでアップしたものをそのまま使い回し
  • 誰の問題も解決しない内容

などなど・・・

結構、ブログ運営で間違った考えの方は、ただ記事を上げていればブログが強くなっていると思っていること。これは、相当な間違いです!!

読者さんが求めていないただの自己満を上げているブログは、間違いなくGoogleからマイナス評価を受けています。

ですので、きっとブログがほとんど読まれないと思います。

記事の内容が悪い場合の解決方法

ちなみに、ぶっちゃけますと、記事が悪い・薄い記事の例は、全て過去のわたし記事のことです^^;

わたしは過去に内容の薄い記事を上げまくっていたのですが、一切ブログから集客なんてできていませんでした。

これはマズイということで、しっかりライティングを勉強して、記事の質を上げたところ、Googleに上位表示してもらえるようになりました。

もし、わたしが上げたような内容の悪い・薄い記事を書いている方、今からでも遅くありません。

ライティング力を鍛えましょう!!

この記事にライティング力を上げるヒントがあるので参考にして下さい。

ワードプレスの設定がクロールしないになっているとは?

今までに2つの原因をお伝えしたのですが、最後に重要なことをお伝えします。

そもそもGoogleのクローラーが回ってこないような設定になっていませんか?

もし、ワードプレスの設定が「インデックス登録を許可しない」になっていたら、どんなに頑張っても記事にGoogleのクローラーが回ってくることはありません。

ワードプレスの設定がクロールしないになっている時の解決方法

ワードプレスの設定に関しては、ダッシュボードを開いて【設定】にマウスを合わせて【表示設定】をクリックします。

表示設定が開きますので、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っていないか確認して下さい。

※ここのチェックが入っていると、クローラーが回ってこないのでご注意下さい!!

あとは、Googleのクローラーが回ってくる頻度を「Google XML Site map」のプラグインを導入して、しっかり設定して下さい。

まとめ:Googleにインデックスされやすくするために

今回は、Googleがインデックスしない記事とは?ということで、理由を解説しました。

Googleがインデックスしない記事
  • Googleガイドライン違反
  • 記事の内容が悪い
  • ワードプレスの設定がクロールしないになっている

ちゃんとインデックスされるためには、理由を知って、その理由に対しての対策をすることが大事になります。

良質な記事を増やすことは、サイトの評価が上がるのと同時に、どんどんクロールされやすくなるなどの良いことが増えます。

ぜひ、あなたが本当にブログを仕事にしたいとか、集客のために頑張りたいと思っているのでしたら、今回の内容はめちゃくちゃ大事です。

しっかりと対策していきましょうね(^O^)/

WordPressコミュニティのお知らせ

年々、しっかりと自社サービスの売上を上げているWEBマーケター2人が運営している、ワードプレス専門のコミュニティ「マスタープレス」をメルマガ登録者さん限定にご案内しています。

売れるブログ運営をしたい方は、ぜひチェックしてみて下さい!!

\登録無料!配信解除は自由!/

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>