>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法

「SWELL」を使ってみた感想レビュー・WordPressテーマを選ぶ時のポイントも解説!




読者さん

ワードプレスのテーマってたくさんありすぎて困る・・・。

今、オススメのWordPressテーマってなんですか?

最近、この質問を受けることがかなり増えています。

WordPressテーマとは?ワードプレスの見た目をカスタマイズできるテンプレート

わたしは、普段からワードプレスの制作代行をしているので、いろんなWordPressテーマを使って来ました。

そんなわたしが、最近の一押しでオススメしているWordPressテーマといえば、「SWELL(スウェル)」になります。

今回は、ワードプレス制作のプロとして活動中のわたしが、WordPressテーマ「SWELL」の魅力をレビューしていきます(^O^)/

ご紹介するWordPressテーマ「SWELL」はこちら。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

この記事でもWordPressテーマについて選び方などを書いています♪

スマホ対応のWordPressテーマ選び方とおすすめ5選!WEB制作のプロが教えます!

YouTubeでもレビュー動画をアップしました

文章を読むのが苦手な方は、動画でも同じような解説をしています。

WordPressテーマ「SWELL」をオススメしたいポイント【実体験レビュー】

いきなり結論からズバッとお伝えします!!

「SWELL」をオススメしたいポイントはこちらです。

ブロックエディター
テーマ専用の
独自ブロックが充実している

補足:WordPressテーマを選ぶ時のポイント

わたしが思うことですが、今後WordPressテーマを選ぶポイントとして、「ブロックエディター(Gutenberg)がどれだけ使いやすくなるか」が肝となると思っています。

もし、ブロックエディター(Gutenberg)がよく分からない方は、こちらの記事を参考にしてください。
> Classic Editorは最低でも2022年までサポート!WordPress(ワードプレス)を使う人は注意です

ブロックエディターの使えるブロックには、WordPressテーマ専用のモノがあります。

WordPressテーマ専用の独自ブロックは、使っているテーマで内容が違います。

この専用ブロックがどれだけ充実しているかが、WordPressテーマを選ぶことをオススメします。

WordPressテーマ「SWELL」の充実したブロックエディター

画像引用元:「SWELL」公式サイト

SWELLの独自ブロックは、「こんなことできるかなぁ」がなんでも叶うブロックばかり入っているので、ホントに記事が書きやすくなります。

では、ここで「SWELL」専用の使えるブロックを一部ご紹介します。

  • 吹き出しブロック
  • ボタンブロック
  • アコーディオンブロック
  • キャプション付きボックスブロック

「SWELL」吹き出しブロック

最近は、ブログ記事内に吹き出しを使いたいと思う方が増えています。

ですので、吹き出し専用のブロックも入っています。

吹き出しブロックは、今は、どのWordPressテーマにも入っているんですが、昔のWordPressでは、プラグインで追加機能で入れないと使えなかったんです。

吹き出しはこんな感じです。

「SWELL」ボタンブロック

ボタンの種類を4パターンから選ぶことができて、ボタンを光らせたりすることができます。

「SWELL」アコーディオンブロック

アコーディオンは、クリックで開閉が自由にできるモノになります。

使う用途としては、Q&Aとかの入力をするときに使えたり、補足文章が長くなった場合に、隠したりすることができます。

「SWELL」キャプション付きボックスブロック

キャプション付きボックスは、見出し付きのボックスになります。

SWELLの見出し付きボックスがいいなぁと思ったのは、見出しの種類パターンが多かったというところです。

ボックスのパターンを変えれるのは嬉しいなぁと思います。

このように「SWELL」独自ブロックを4つご紹介したんですが、もっと他にも便利なブロックがあるので、この独自ブロックの使いやすさは、ホントにオススメです。

他にも使えるブロックが気になる方は、公式サイトをのぞいてみて下さい。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

補足:SWELLは旧エディター「クラシックエディター」では使えないの?

散々、SWELLはブロックエディターでの利便性が良いとお伝えしたのですが、旧エディター「クラシックエディター」では使えないのか?と気になる方もいらっしゃるはず・・・。

SWELLは、旧エディターのクラシックエディターにも対応しているので、安心してお使いいただけます。

ですが、SWELLの最大の特徴は、「ブロックエディターに完全対応」なところです。

SWELLを導入したのに、ブロックエディターを使わないのは、もったいないなぁと思います。

WordPressテーマ「SWELL」はテキストを入力するときも装飾が充実【実体験レビュー】

SWELLでは、独自ブロックが一押しのポイントなんですが、テキスト入力するときの装飾も豊富に選べるのが嬉しいです。

テキスト入力すると、右側のメニューにあるブロックタブで、文字の装飾を選ぶことができるんです。

ボーダー設定は、枠を入れることができます。

スタイルは、背景とかカッコとかテキストにつけられるようになります。

こんな風にテキスト入力も簡単にできるのが、めちゃくちゃいいです。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

「SWELL」で作ったサイトをお見せします

「SWELL」のテーマを使ったらどんなサイトを作ることができるのかをご紹介します。

わたしが今作っている、自分のWEB制作会社のサイトです。

実際のサイトを見たい方はこちら。

> ライフェイションのサイトはこちら

見てもらうと分かるのですが、かなりおしゃれなサイトが作れます。

ここでお見せしたサイトは、会社のホームページになるのですが、個人のブログとしても使えるテーマになります。

「SWELL」で作ったサイトは、「SWELL」公式サイトに掲載されていますので、チェックしてみて下さい。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

WordPressテーマ「SWELL」の費用は?

ここまで解説すると大体の方が、「めっちゃ良い!!」と言ってくださるのですが、気になるのがテーマの価格です。

SWELLは有料のWordPressテーマになるので、費用が17,600円(税込)かかります。

ちょっと高いな・・・と思う方が多いのですが、SWELLは買い切りになるので、一度支払えば、特に管理料とかを支払ったりする必要はありません。

それに複数サイトで使用するのもOKなんです。

わたし的には、SWELLを導入することで、他の方とは違ったかなりおしゃれなサイトが作れるのだったらこのくらいの価格は良いのかなぁと思います。

それにテーマ独自の機能が充実しているという点では、そんなに高いテーマではないです♪

まとめ:他の人とは違ったおしゃれなサイトを作りたいなら「SWELL」

今回は、WordPressテーマ「SWELL」を使った感想レビューをお伝えしました。

今、WordPressテーマで何を使ったら良いのか迷っている方に、わたしが全力でオススメするのは「SWELL」です。

他の人とは違ったおしゃれなサイト作りをしたいと思っているのでしたら、使ってみて下さいね!!

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>