>>アフィリエイトで自動化の仕組を学びたい方はこちら

【Google Search Console】を登録しよう




こんにちは。ゆかです。

 

前回ご説明した【Google XML Sitemaps】で作成したサイトマップを【Google Search Console(サーチコンソール)】と連動させる方法をご紹介します。

 

SEO対策としてとても良いのでちゃんと活用しましょう。

ではさっそくご説明していきます。

 

【Google Search Console】とは

【Google Search Console】とは、Googleが無料で提供しているWEBサイト管理者用のツールになります。

 

サーチコンソールにあなたのサイトを登録し、前回の記事で作成した【Google XML Sitemps】で作成したサイトマップを送信します。

そうすることにより、Googleの検索エンジンに効率よくサイトを認識してもらい、SEO効果を上げることが出来るのです。

 

サイトマップをまだ作っていない方は、下の記事を参考に作られてください。

【Google XML Sitemaps】を作りましょう

 

【Google Search Console(サーチコンソール)】にサイトを登録しましょう

サーチコンソールに登録

下のリンクをクリックしてから登録していきます。

Google Search Console(サーチコンソール)サイト

 

画面が切り替わりましたら【SERCH CONSOLE】をクリックします。

 

Googleのログイン画面が出ましたら、お持ちのGoogleアカウントでログインしましょう。

(既にログイン出来ている場合は、この画面は出ないこともあります)

 

サイトURLに登録したいサイトのURLを入力し、【プロパティを追加】をクリックします。

 

下図のような画面に切り替わります。

 

赤枠のHTMLファイルをダウンロードします。

 

ダウンロードすると下に保存が表示されるので、保存します。

 

FTPにファイル追加

一旦、サーチコンソールの画面は置いておき、FTPソフトを開きましょう。(ここではFileZillaを使っています。 )

サーバーに接続します。

 

リモートサイトの横の文字列が【/あなたのブログのドメイン名/public_html】になっていることを確認します。

 

先程保存したHTML確認ファイルをドラッグ&ドロップします。

 

サーチコンソール所有権確認

サーチコンソールの画面に戻ります。

 

この画面の【確認】をクリックします。

 

画面が切り替わり、【所有権を確認しました】となっていたら、うまくいった証拠です。

 

【プロパティに移動】をクリックします。

 

サイトマップの追加

【Google Search Console(サーチコンソール)】の画面へと切り替わりますので、下図のように【サイトマップ】をクリックしてください。

 

 

まだサイトマップの送信が終わっていない状態なので、赤枠の中にサイトマップが入っていません。

 

 

サイトマップの追加をしますので、【sitemap.xml】と入力し【送信】をクリックします。

 

下図のようにステータスが成功しましたとなっていれば、サイトマップの送信ができました。

 

これで設定が完了しました。

 

最後に

サイトマップは、【Google Search Console(グーグルサーチコンソール)】にサイトを登録し、サイトマップを送信して初めて機能します。

 

必ず、サイトマップを作成したら、サーチコンソールに送信するようにしましょう。

 

FTPファイルを触らないといけないのが難しいかと思いますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね(^^)

[nlink url=”http://yuka001.com/wordpress/google-search-console-error/”]

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

シェアしてね♪


無料メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!


わたしが実践している【ブログメルマガアィリエイト】について、初心者さんにも分かりやすくをモットーに発信しているメルマガです。
たくさんの読者さんから『解りやす過ぎる』と大絶賛のレポートや、図解による操作マニュアルをプレゼントしています。

登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方は下の画像をクリックくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください