>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法はこちら

Googleアドセンス『ads.txt』の警告?!対処法を図解入りで解説!【WordPress初心者さん必見】

どうも。ゆかです(^^)わたしは、日々ワードプレスのサイト作りの専門家として活動しております。

先日、わたしのGoogleアドセンスの画面を確認したところ、このような注意が表示されていました!!

ビックリして、すぐに検索…

※最初にお伝えしますが、このエラーに対しては、現状すぐに何かしないといけないってことはありません。

ですが、ずっとエラーがでるのも嫌なので、エラーを消そうと思いました。

ネット検索すると、特に難しい対処をしなくてもエラーが消せると書いてあったので、実際にわたしがエラーを消した方法をご紹介していきます。

この記事をオススメしたい方

・ワードプレスにアドセンスを入れようとおもっている方

・アドセンス導入していてエラー表示にお困りの方

Googleアドセンスに関しては、こちらの記事も人気です♪

「ads.txt」ってなに?

さて、【ads.txt】って何ぞや?!という話ですけど、これは詳しく覚える必要はありませんので、軽く見てもらえたら良いかと思います。

ads.txt『アズテキスト』とは、偽造広告枠や不正インプレッション販売を防止するために必要なものになります。

アズテキストの目的としては、【自分のサイトの広告枠は、Google Adsenseという広告主に対して許可をしています】ということを宣言することです。

こうして宣言することで、『偽のなりすまし』や『サイトドメインの評価下落』が防げるということです。

これがads.txtなのですが、わたし自身、このような目的があるって知りませんでした。

今回調べてみて、このような目的があったことが分かってよかったです(∩´∀`)∩

「ads.txt」エラーの対処方法は?

最初にもお伝えした通り、現状は急いで設置する必要はないらしいです。

お知らせとして、『設置されていませんよ』という感じで、エラーで出ているということです。

わたしとしては、全く何もしないのは心配だったので、ads.txtを設置してみました(;´Д`)

ads.txtを設置する方法は2つあります。

  • エックスサーバーを使う
  • ファイルジラを使う

どちらがやりやすいかは手順を見ていただき、やりやすい方でやってみてください♪
(※作業を行う前には、必ずバックアップをしておきましょうね。)

エックスサーバーを使ったads.txtの設置手順

エックスサーバーを使ったads.txtの設置手順

①サーバーパネルを開く
②「ads.txt」設定追加で設置

①サーバーパネルを開く

まずは、こちらからエックスサーバーの公式サイトを開きます。

> エックスサーバー公式サイト

エックスサーバーのサーバーパネルのログイン画面が開くので、サーバーIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

「ads.txt」設定追加で設置

サーバーパネルを開きましたら、「ads.txt」設定をクリックします。

ドメイン選択画面が開きますので

ads.txt設定が開きますので、設定をします。

  • 広告システム……google.comと入力
  • サイト運営者ID…『pub-0000000000000000』の16桁の数字コード(自分のID)を入力
  • 契約種別…………アカウントを直接管理していない場合以外は、DIRECTでOK
  • 認証機関ID………『f08c47fec0942fa0』と入力

全ての入力が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

pub-0000000000000000』の部分は、ご自身のアドセンスからサイト運営者IDを調べて書き換えてください。
サイト運営者IDは、Google Adsenseヘルプセンターに調べる方法が書かれています。⇒こちらから

これで、設置が完了しました。

ファイルジラを使ったads.txtの設置手順

ファイルジラを使ったads.txtの設置手順

①ads.txtを作成
②『ads.txt』ファイルをファイルジラ(FileZilla)を使ってpublic htmlに追加

①ads.txtを作成 

ads.txtのテキストをFTPツールを使ってアップロードします。

わたしが使っているFTPツールはFileZilla(ファイルジラ)になります。

まずは、メモ帳を使ってads.txtを作成しましょう。

メモ帳を表示したら、こちらをコピペしてください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-0000000000000000』の部分は、ご自身のアドセンスからサイト運営者IDを調べて書き換えてください。
サイト運営者IDは、Google Adsenseヘルプセンターに調べる方法が書かれています。⇒こちらから

コピペしたらファイルのタイトルに『ads』と入力し、テキスト文書(.txt)として保存します。

※ファイル名に拡張子が入っていますが、通常は入らないので、『ads』のみの入力で大丈夫です。

②『ads.txt』ファイルをファイルジラ(FileZilla)を使ってpublic htmlに追加

・ファイルジラを立ち上げて、サーバーに接続します。

・対象ドメイン(アドセンスが導入しているサイト)のpublic_htmlを選択します。

・先ほど作成した『ads.txt』をドラッグアンドドロップでアップロードします。

これで『ad.txt』がアップロードできました。

アップロードしてすぐには警告は消えませんが、時間を置けば自動的に警告は消えます。

最後に

今回は、Googleアドセンスで「ads.txt」という警告が出た時の対処法を詳しく解説しました。

対処法としては2つです。

  • エックスサーバーを使う
  • ファイルジラを使う

FTPツールのファイルジラを使う方はちょっと難しく感じるのかなぁと思いますが、やってみると結構簡単に出来ます。

ファイルジラとかを使い慣れていない方は、エックスサーバーとかが良いのかなぁ思います。

どちらかやりやすい方を見つけて、チャレンジしてみてくださいね!!

パソコンが苦手だし、自分ではちょっとできないという方は、WordPressスポットサポートというサービスがあるので、ご活用ください。

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>