>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法

WordPressブログで画像を使う時は「画像圧縮」すること!画像圧縮ツール「TinyPNG」の使い方を解説!

読者さん

ワードプレスで記事を書くときの画像ファイルには決まりはありますか?適正のサイズとか容量とか・・・

ワードプレスで挿入する画像のルールとかあるようだったら教えてください。

このような疑問にお答えします。

よくワードプレスのことでご質問をいただくのが、ワードプレスに挿入する画像の容量やサイズのことだったりします。

ワードプレスに挿入する画像って、かなりワードプレスの負担になるんです。

これを理解しないで、好きなように画像を入れていると、「いつの間にかワードプレス内の容量のほとんどを画像ファイルが占領していた!」なんてことになってしまいます!!

そうなると、ワードプレスの動きが鈍くなって、サイトの立ち上がりスピードがかなり遅くなっちゃうんですよね。

ワードプレスって基本、コンテンツをストックしていくものなので、運用歴が長くなればなるほど、サイトが重く遅くなってしまいます。

そうならないためにも、ワードプレスを運用し始めた最初に画像の取扱の理解をしっかりしておきましょう!

今回は、そんなワードプレス内に使う画像ファイルの挿入手順やファイルサイズなど、初心者さんがここだけは抑えておいて欲しいことを詳しく解説します(^O^)/

ワードプレスでブログを書きはじめたばかりの初心者さんは、必ず最後までお読みくださいね!!

本気で稼ぐブログを作りたいなら「自分メディア構築講座」

趣味の発信だけを自分メディアでしながら、自由に生活する北っちさんの教材♪アドセンスについても詳しく教えてくれます!

「自分メディア構築講座」については、わたしのレビュー記事を読んでみてね♪

ゆかの特別特典付きレビュー

YouTube動画での解説はこちら

ワードプレスに画像を入れるときは必ず画像圧縮をすること

ワードプレスを運用する上で、一つこれだけは抑えて欲しいポイントが「画像圧縮」です。

画像圧縮とは、画像本来が持っている性質をそのままにして中身のデータ量だけを減らすこと

画像って単純に写真とかイラストが表示されるだけのように見えるのですが、画像ファイルの中には、いつどこで撮られたものなのか、作られた日付などの見えないデータがたくさん入っているんです。

この見えない余分なデータが画像ファイルの容量になります。

ですので、この余分なデータが入ったままの画像をそのまま使っていると、ワードプレスのメディアファイルの容量がどんどん膨らんでいくんです。

そのために、容量を減らす画像圧縮が大事なポイントとなるんです。

ワードプレスで使う画像を画像圧縮するには?

ワードプレスの画像を圧縮するには、2つの方法を抑えておきましょう。

  • TinyPNGというサイトを使って圧縮をする
  • 画像圧縮プラグインを導入する

では、こちらを詳しく解説します!!

TinyPNGというサイトを使って圧縮をする

画像を圧縮するサイトとして、わたしがオススメするのはこちらです。

> TinyPNGサイト

TinyPNGのサイトURLを開くと、パンダのイラストが表示される外国のサイトにジャンプします。

ちょっと怪しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃるかもですが、多くのブロガーが画像の圧縮で使っているサイトではあるので、変な悪質なサイトではありません。

ネット上を検索してみたのですが、TinyPNGで何か問題が起こったという投稿はありませんでした。

TinyPNGの使い方は画像をドラッグ&ドロップするだけ

パソコンにある画像ファイルを開いて、圧縮したい画像を「Drop your .jpg or .png files here !(.pngまたは.jpgをここにドロップしてください!)」のところに移動させるだけです。

そうすると以下のように、画像圧縮されます。

画像ファイルの容量を見てもらったらわかるのですが、今回の画像ファイルは。【1.3MB→306.6KB】まで減らすことができました。

ぶっちゃけ、MB(メガバイト)とかKB(キロバイト)とかってよく分かんないですよね(^◇^;)

わたしもそこまで詳しくないのですが・・・

画像の容量の単位ってこんな感じ大きくなっています。

MB(メガバイト)をKB(キロバイト)にするのは、かなり容量ダウンできているってことがなんとなく分かればOKだと思います。

画像の容量をダウンさせたら、右側にあるダウンロードをクリックしたら圧縮した画像が落とせます。

画像ファイル名について

画像ファイル名にはカナ文字は使わない方が良いです。画像ファイルにつける名前は半角英数字にしましょう。

ワードプレスではカナ文字は文字化けしてしまうので、画像データにかなりわけわからない文字列のURLがついてしまいます。
画像URLについては、普通に運用しているときは、直接そこまで関係ないのですが、例えば、ワードプレスがおかしくなって、バックアップファイルを戻した時に、カナ文字の画像データはうまく反映しないなんてことが起こるので注意が必要です。

画像圧縮プラグインを導入する

ワードプレスのプラグインには、画像圧縮をしてくれるプラグインがあります。

種類がいくつかあるのですが、わたしが使っているのは、「EWWW Image Optimizer」というプラグインです。

「EWWW Image Optimizer」について詳しい記事はこちら。

基本的に画像圧縮のプラグインは、プラグインを導入して、メディアを追加したら自動で圧縮してくれるものになります。

ですので、ワードプレス内のデータを軽くするには、必須とも言えるプラグインです。

だけど、WordPressテーマによっては、プラグインの相性があるので、そこはちゃんとテーマの公式サイトをご確認ください。

ちなみに、2021年5月現在、WordPressテーマ「Cocoon」と「EWWW Image Optimizer」のプラグインの相性が悪いようです。

詳しくはこちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

TinyPNGのプラグインじゃダメ?

先ほどご紹介したTinyPNGは、ワードプレスプラグインバージョンもあります。こちら↓

だけど、このプラグインはオススメしません。

その理由は、TinyPNGでの画像圧縮は、自分のサーバー上で処理しないために、時間がかかります。

もし、速度が気になる人は、ほかのプラグインを使用するのをオススメします。

ワードプレスで使う画像のおすすめのサイズは?

ワードプレスに画像を使う際、具体的にどれくらいの画像サイズが良いのか?という質問をいただきます。

ですので、具体的に数字で画像サイズをお伝えすると、以下の通りです。

  • ファイルサイズ:100〜300KB
  • 画像サイズ(大きめ):1,000〜1,200px
  • 画像サイズ(小さめ):600〜800px

画像サイズの大きめとか小さめってどこのサイズを言っているのかというと横幅です。

横幅(Widthのサイズ

ワードプレスの記事で画像を使う際は、横幅を気にしてください。

ちなみに余談ですが、画像の横幅は統一させましょう。
ブログ記事で横幅がバラバラな画像を使う方がいますが、見た目が悪いのと、画像サイズが違うと読みづらいです。

横幅サイズで画像の綺麗さが変わるので、綺麗に見せたいものだけは大きいサイズでいいと思いますが、そうじゃなければ大きくしたところで容量だけ使ってしまうので注意です。

まとめ

今回は、ワードプレスブログで使う画像の挿入の時の注意点や画像サイズについて解説しました。

画像については、もっと細かいことをお伝えすると、かなりたくさんあります。

ですが、ワードプレス初心者さんは、今回のことを抑えてもらっていたら、ワードプレスにそこまで負荷がかからずに運用できるかと思います。

最後におさらいすると、ワードプレスで画像を使うときは、必ず「画像圧縮」をすること!!

画像圧縮するポイントとしては・・・

  • TinyPNGというサイトを使って圧縮をする
  • 画像圧縮プラグインを導入する

この2つを抑えて、画像容量を落として、なるべくワードプレスの負荷を減らしていきましょうね♪

WordPressコミュニティのお知らせ

ワードプレスの構築を1人で頑張るのが不安な方に、ワードプレス専門のコミュニティ「マスタープレス」をメルマガ登録者さん限定にご案内しています。

\登録無料!配信解除は自由!/

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>