>>アフィリエイトで自動化の仕組を学びたい方はこちら

子育てにかかる費用の話




こんにちは。ゆかです。

 

わたしには、子どもが3人います。

上から男の子、女の子、女の子です。3人とも三者三様でおもしろいです。

子どもの子育て費用ってちゃんと考えたことありますか?

わたしは、生活が苦しくなって、貯金が出来なくなったときに、本気で考えました。

もしあなたにもお子さんが居るなら、お子さん1人に掛かる費用っていくらなのかを知ってもらいたいです。

 

子供一人に掛かる子育て費用って?

子どもたちが自立するまでに掛かるお金っていくらになるんだろう…
読者Aさん
読者Aさん

子育てをしていると凄く気になる話ですよね。

 

子ども一人に掛かる子育て費用ってどれくらいか知っていますか?

 

子ども1人に掛かる費用って約3000万って言われています。

さ、さ、3000万?!
読者Aさん
読者Aさん

 

ざっと計算してそれくらいらしいですが、進学する道によって変わるかと思います。

 

いきなり増額?!中学生で月額13万円

下図は、内閣府がインターネット調査した『中学生までの第1子の年間子育て費用平均額』になります。

 

ちょと古いデータかもしれませんので、現在はもっと掛かるかと思います。

未就園児は年間84万円ですが、中学生にもなると年間155万円に増加しており、倍近くの金額になっています。

 

単純に月額計算すると、未就学児では、約7万円になります。中学生となると約13万円となるようです。

 

 

ですが、見てもらったこの表って年間なんです。

 

さて、総額にするとどうなるのでしょう?

 

中学生までの子育て費用の総額計算をしてみましょう。

・未就学児4年間で約337万円

・保育所・幼稚園2年間で約243万円

・小学生6年間で約692万円

・中学生3年間で約466万円

総額約1740万円となります。(この費用には、子どものための貯金額も含まれています。)

中学の3年間の費用ってこんなに掛かるんですね…
読者Aさん
読者Aさん

 

では続いては高校生の費用です。

 

高校は、公立が約45万・私立約104万

下図は、全日制の高校にかかる学習費になります。

公立高校無償化により安くはなっている金額です。

 

 

公立高校では、約135万円・私立高校では、約312万円になります。(上記表は、学習費のみなので、それ以外の生活費などを足した金額です)

こうみたら、私立高校は公立高校の2.3倍なんて驚きです。

こんなにも進学先によって変わるのかと思っちゃいますね。

 

大学4年間通うとなると…

さて高校生までならば良いけど、大学へ行きたいといったときはどうなるのでしょうか?

下図は、『大学に納付する授業料やその他の費用の平均』になります。

 

これは初年度の費用になるんですが、これを単純に4年間で総額計算してみます。

・私立大学文系は、約389万円

・私立大学理系は、約530万円

・国立大学は、242万円

このようになります。

 

進学するかしないかでも違うし、進学した大学によってもかなり費用に差が出てきます。

 

子どもが行きたいと言えば、大学にも通わせてあげたい…けれど、こうやって大学に掛かる費用を見るとひいちゃいますね。

 

子育て費用をすべて足すと…

中学生までの総額が約1740万円でした。

次に高校生は、公立高校では、約135万円・私立高校では、約312万円です。

さらに大学生ですが、私立大学文系は、約389万円・私立大学理系は、約530万円・国立大学は、約242万円です。

 

これらを総額計算すると、2200万から2600万になります。

 

この数字には、大学生のときにかかる食費や生活費が入っていません。ですので、中学生で掛かる費用と同様の金額をプラスします。

単純計算ですが、食費や生活費だけで、約322万ほどプラスになります。

そうすると大学生までの子育て費用は、2500万から3000万くらいになるようです。

 

子どもが小さいときからしっかりと教育費について考える

これまでの話で、一人の子どもを育てるのに3000万円となるということをご説明してきました。

 

わたしの場合、子どもが3人居ます。3000万×3人ってことは9000万?!

こうやって数字でみるとすごい額になりますね。恐ろしい…

子どもが小さいうちが貯金のチャンスになります。

わたしは、その子どもが小さいうちから生活苦になってしまいました。

ネットビジネスで副業でも稼げるようになっておくと、これから子どものためのお金も貯められるようになります。

 

あなたは、ただ、会社に雇われたままの働き方で大丈夫ですか?

 

 

 

もう一度働き方について考えてみてください。

特に女性は、出産するとお休みしないといけない期間があります。

そうなったときに、すでにネットビジネスで副業出来るようになっておくと安心できます。

 

子どもが居るのなら、こうやって数字にして考えることはすごく大切になってきますので、今からちゃんと計画するようにしましょうね(^^)

 

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

シェアしてね♪


無料メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!


わたしが実践している【ブログメルマガアィリエイト】について、初心者さんにも分かりやすくをモットーに発信しているメルマガです。
たくさんの読者さんから『解りやす過ぎる』と大絶賛のレポートや、図解による操作マニュアルをプレゼントしています。

登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方は下の画像をクリックくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください