>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法はこちら

【注意】YouTube商用利用禁止の利用規約について詳しく解説!

クライアントさん

YouTube動画は商用利用してはいけないんですか?!

このような質問にお答えします。

先日、クライアントさんとコンテンツ販売の話をしていた時、YouTube動画を限定公開にして販売するとおっしゃっていたので、「YouTubeは商用利用NG」とお伝えさせていただきました。

クライアントさんは、YouTubeの商用利用のことを知らなくて、かなりビックリされていたんです。

ですので、今回は、YouTubeの商用利用についてのルールを詳しく解説します。

もし、現在、YouTube動画を限定公開のコンテンツにして、販売しようと考えているのであれば、この記事は必ず最後までチェックしてくださいね。

YouTubeで動画を撮るなら、マイクにこだわるのがオススメです♪
わたしが使っているコンデンサーマイクのことを詳しく記事にしましたので、こちらも参考にして観てください。

YouTubeは利用規約で商用利用が禁止されています

基本的に、YouTubeは、誰でも気軽に動画を視聴したり、アップしたりできるサービスです。

ですので、サービスを使わせてもらっているのなら、ちゃんと利用規約を守って利用しなければいけません。

でも、利用規約ってたくさん書かれていることが多くて、書いてあることがよく分からないんですよね。

ここでは、商用利用についてしっかり理解しましょう。

本サービスの利用には制限があり、以下の行為が禁止されています。

1.本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

引用元:YouTube の利用規約

ここに記載があるんですけど、これはYouTubeにアップした動画を限定公開にして、お金を払った人だけに動画を公開することは、利用規約の「アクセス」「販売」にあたります。

結構、これを知らずに勝手にオンラインセミナーとして動画を販売する人がいるんです。

例えば、オンラインサロン、ヨガ教室、オンラインビジネスセミナーなど・・・

これはホントに知らないとヤバいです。

知らず知らずに「規約違反をしちゃっている」なんてことがあります。

YouTube利用規約違反したらどうなるの?

YouTubeの利用規約違反をしたらどうなるのかなんですが、そこはYouTubeの運営ポリシーにしっかり記載されています。

利用規約に違反した場合は、チャンネルが削除されたり、アカウントが停止されたりするおそれがあります。

引用元:YouTube のポリシーとガイドラインの概要

アカウント停止とチャンネル削除になるということなんです。

もしYouTubeのアカウトがかなり成長していたら、一気にアカウントBANになるかも・・・と思うとゾッとします(^◇^;)

限定動画を販売するには?

では、YouTube以外で動画をアップして販売できるところをご紹介します。

わたしも利用しているのですが、「Vimeo(ビメオ)」を使うのがオススメです。

無料でも利用できるのですが、商用利用で使うのでしたら、以下のようなプランではないとダメなんです。

商用利用で最小金額でVimeoを使うのでしたら、PROにすると月額2,000円で使えます。

ちなみに、月額2,000円以下の700円もあるのですが、そちらは商用利用不可なんでお気をつけください。

動画コンテンツを販売するのでしたら、YouTubeのアカウント削除のリスクを考えると、そこの経費は必要ではないでしょうか。

わたしは、コンテンツを作ってきた時間だったり、手間を考えるとYouTubeでコソコソ動画販売するよりも、ちゃんと商用利用できるVimeoで販売したいと思います。

このリンクからVimeoを申し込むと25%割引になります!

> Vimeo(ビメオ)の詳細はこちら

コンテンツが乏しくて広告が貼ったページに動画をたくさん埋め込む行為

以下の利用規約内容についても気をつけたいです。

YouTube では利用規約を更新し、ウェブサイトと YouTube 埋め込み型プレーヤーの使用方法としてどのようなことが許可されるかを明確にしました。ブログで時々 YouTube の動画を貼り付けてコメントを付けたり読者に好きな動画を見せたりすること自体は問題ではなく、それが一般向けの広告を含んでいるブログであったとしても YouTube はその行為を禁止しません。ただし、大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

引用元:YouTubeヘルプ

こちらは、ブログ記事に大量にYouTube動画だけを埋め込み広告収入を得ようとすることです。

ブログ記事の補足でYouTube動画を埋め込むことはOKなんです。

だけど、コンテンツ(文章)がほとんどなくて広告(アドセンス)と動画が交互に入っているようなページを作るのはNGです。

これは、YouTube的にもダメなんですが、アドセンス広告が入っているページだった場合は、アドセンス的に規約違反です。気をつけましょう!!

まとめ

今回は、YouTubeの商用利用禁止の利用規約について、詳しく解説しました。

YouTubeは、正しく使わないとアカウント停止や削除されると大変です。

おさらいすると、YouTubeの限定公開のコンテンツを販売するのは規約違反です。

あと、アドセンス広告をたくさん貼り付けしたページにYouTube動画を埋め込むのは、YouTubeの規約とアドセンスの規約的にNGということです。

無料のサービスを使わせてもらうのなら、ちゃんと利用規約を読んで正しく利用しましょう!!

動画を販売したいのでしたら、商用利用ができるサービスを使いましょう。

商用利用できるサービスは「Vimeo(ビメオ)」になります。上手にコンテンツを販売するようにしてくださいね♪

このリンクからVimeoを申し込むと25%割引になります!

> Vimeo(ビメオ)の詳細はこちら

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>