WordPress苦手主婦のためのWordPress専門コミュニティ「MasterPress®︎」詳細はこちら

アドセンス狩りに注意!対策と被害にあった時の対処方法とは?!

読者さん

急にアドセンス広告が停止になりました!!

こんな時って、めちゃくちゃ焦ってしまいますよね。

アドセンス広告が停止になってしまうのは、自演クリックで不正扱いされる場合と、アドセンス狩りという意図しない不正クリックなどが考えられます。

自作クリックで不正扱いされた場合は、ご自身のせいなので、どうしようもありませんが、アドセンス狩りに関しては、被害にあった際の対処方法があります。

それに、次にアドセンス狩りに狙われても大丈夫なように対策することも可能です。

この記事では、アドセンス狩りの理由や被害にあった時の対策などを解説します。

アドセンス狩り以外にも自演クリックについてまとめた記事もチェックしてみてください。

WordPress専門のコミュニティ
「MasterPress」の主宰をしています!

アドセンス狩りとは?

アドセンス狩りとは、簡単に説明すると、『アドセンス広告を不正クリックをする嫌がらせ』です。

アドセンス広告の不正クリック

Googleアドセンスでは、自分で自分のアドセンス広告をクリックすること、身内の方にクリックをお願いしたりすることは規約違反となっています。

詳しくはGoogleアドセンスプログラムポリシーをご確認ください。
AdSenseプログラムポリシー

違反行為をした場合は、アカウント停止やはく奪、不正クリックした分の収益の差引などのペナルティが課せられます。

アドセンス狩りとは、このシステムを悪用して、アドセンス広告を貼っている人の広告を不正クリックしまくり、アカウント停止やはく奪をしようとする手口です。

Googleは、同IPアドレスから大量のクリックがあると、サイト運営者の不正クリックだと思って、ペナルティを課してきます。

例え、他人が大量のクリックをしていたとしても、Googleは判断できないので、サイト運営者を疑うのです。

これが、アドセンス狩りになります。

かなり悪質な行為ですね。

アドセンス広告の不正利用はアドセンス狩りの対象外

アドセンス狩りについて、間違った情報も上がっていることがあるので注意です!

数年前のアドセンス狩りでは、自身のサイト以外でアドセンス広告のコードを使用することでもペナルティを受けていました。

特に、違法サイトへの広告掲載に関しては厳しく取り締まられていて、そういったサイトを見つけたら、即アカウント停止とかはく奪でした。

ただ、アドセンスの広告コードというのは、誰でも簡単に調べることができます。

アドセンスコードが表示されたページで、「右クリック」→「ページのソースを表示」をするとソースコードを調べることができます。

ですので、誰でも簡単にアドセンスコードをコピーしてアダルトサイトに貼るようなことがあったんです。

だけど、現在では、サイトごとにアドセンス審査を通す必要があるので、自分のサイト以外に広告を貼るとGoogleは不正とみなします。

ですので、アドセンス広告コードの不正利用は気にしなくて大丈夫です。

アドセンス狩りの目的

なぜアドセンス狩りというのは、行われるのでしょうか?

アドセンス狩りの目的としては、以下のような理由が考えられます。

  • ライバルサイトの蹴落とし
  • 人気サイトへの妬みや嫉妬
  • 特に理由がないけど面白がってやっている
  • 新人への嫌がらせ

このような相手の勝手な想いが大きな理由として考えられます。

とはいえ、どれもとても感じが悪いですね。

アドセンス狩りにあうとどうなる?

アドセンス狩りにあってしまった場合、どうなるのかをお伝えします。

先ほども少しお伝えしているのですが、アドセンス狩りにあうと以下のようなことになります。

  • アドセンス広告の停止
  • アドセンスアカウトのはく奪
  • 不正分の収益が差し引かれる

アドセンス広告の停止

アドセンス狩りの被害にあうと、大体の方がまず「アカウント停止」になります。

ただ、規約違反と厳しく判断されてしまった場合は、アカウントのはく奪になるようです。汗

アカウント停止の場合は、停止期間は10日〜30日間です。

アドセンスアカウトのはく奪

アドセンス狩りの被害にあうと、最悪の場合「アドセンスアカウントはく奪」になります。

ただ、先ほどもお伝えしましたが、いきなり「アドセンスアカウントはく奪」というのは、最近ではあまり行われないようです。

ですが、過去にはいきなりアカウントをはく奪されたという方もいらっしゃるようですので、可能性はゼロではありません。

不正分の収益が差し引かれる

アドセンス狩りの被害にあうと、不正クリックで発生した収益は自動的に差し引かれることがあります。

不正分の収益が差し引かれてしまった場合は、アドセンスの管理画面の「お支払い」に、「無効なトラフィック」と記載され、金額が表示されるようです。

サイトの規模が大きいとこのようなペナルティを受けることがあるらしいです。

以上の3つがアドセンス狩りの被害にあった際のペナルティになります。

ただ、アドセンス狩りの被害にあっても対処法はあります。

ですので、ここからは対処法をお伝えしますので、覚えておきましょう。

もし、まだアドセンス狩りにあったことがない方は、アドセンス狩りを防ぐ対策がありますので、そちらをご確認ください。

アドセンス狩りの被害にあった時の対処法

アドセンス狩りの被害にあった際には、以下のような手順で対処します。

  1. 不正クリックのデータを収集
  2. Googleに報告

不正クリックのデータを収集

まずは、不正クリックのデータを集める必要があります。

というのも、Googleに報告する際には、アドセンス狩りの被害にあったことを証明しないといけません。

ですので、証拠となるデータを集めましょう!

  • 不正クリックが起こっているページ
  • 不正クリックのIPアドレス
  • 広告のCTRの変化

●不正クリックが起こっているページは、Googleアドセンスとアナリティクスを連携させてチェックするようにしてください。

Googleアドセンスとアナリティクスを連携させる方法を以下の「Googleアドセンスヘルプ」ページからご確認ください。

参考:Googleアドセンスヘルプ「AdSense とアナリティクスをリンクする」

●不正クリックをしてきた相手のIPアドレスについては、『リサーチアルチザンプロ』を使う必要があります。

●広告のCTRの確認方法は、Googleアドセンスのレポートから確認ができます。

CTRの確認方法

Googleアドセンスの管理画面のトップページから確認します。

まずは、隠れている項目が表示されていない場合、表示させてください。

パフォーマンスの項目に「ページCTR」がありますので、確認してください。

Googleに報告

データを収集できましたら、Googleの『無効なクリックの連絡フォーム』から報告をしましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

こちらが『無効なクリックの連絡フォーム』です。必要事項を入力して「送信」してください。

アドセンス狩りにあわないようにするための対策

アドセンス狩りのことをお伝えしてきましたが、「ちょっと怖いな」と思われた方もいるかもしれません。

ただ、アドセンス狩りにあわないようにするための対策方法があります。

ここからは、アドセンス狩り対策をお伝えします。

毎日クリック率(CTR)を確認する

CTRというのは、広告が表示された回数に対してクリックされた割合です。

なので、アドセンス広告のクリック率をGoogleアドセンスの管理画面から毎日確認するようにしてください。

基本的に、この作業が一番、アドセンス狩り対策には有効のような気がします。

CTRの確認方法

Googleアドセンスの管理画面のトップページから確認します。

まずは、隠れている項目が表示されていない場合、表示させてください。

パフォーマンスの項目に「ページCTR」がありますので、確認してください。

クリック率をチェックする時ですが、大体、アドセンス広告のクリック率というのは、1%前後です。多くても3%ということを覚えておいてください。

ただ、普段からの広告のクリック率の平均を見て、ご自身のサイトのクリック率は大体どれくらいなのかを知っておくと良いです。

広告のクリック率が異常に増えているときは、アドセンス狩りを疑うようにしておいてください。

ちょっとでも異常があったら即報告

CTRを確認したときに、ちょっとでも異常があるなと感じた場合は、、即Googleの『無効なクリックの連絡フォーム』に報告をしましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

こちらが『無効なクリックの連絡フォーム』です。必要事項を入力して「送信」してください。

『無効なクリックの連絡フォーム』で報告する際は、Googleアドセンスのサイト運営者IDが必要になります。

サイト運営者IDを確認したいときは、アドセンスの管理画面の左メニューの「アカウント」をクリックしてください。

アカウント情報が表示されますので、「pub-xxxxxxxxxxxxxxxx」の部分が運営者IDになります。

少しでも異常を感じたら、迷わずにGoogleに報告するようにしてくださいね!!

不正クリック防止プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」導入

「AdSense Invalid Click Protector」(通称AICP)は、アドセンス狩りの対策用プラグインになります。

このプラグインは、キャッシュを使用しているブログだと、正しく検知できない場合があります

「AdSense Invalid Click Protector」を導入すると、以下のようなことができます。

同一ユーザーから「指定した時間」の間に「指定した回数」の広告をクリックされたら、「指定した日数」の間は、訪問禁止にする。

※プラグイン導入は、バックアップを取られて、お使いのテーマで非推奨のプラグインになっていないかを確認してから、導入されてください。

SNSなどでアドセンス合格を投稿しない

最近はよくアドセンスに合格したことを、ツイッターなどのSNSで投稿される方を見かけます。

SNSで投稿をするということは、多くの人の目に触れる機会が増えます。

特に、アドセンス合格というのを投稿すると、ものすごく「いいね」をもらえるので、多くの人の目に触れやすくなるのです。

ということは、もちろん、愉快犯だったり上手くいっている人に対して嫉妬心がある人の目にも触れる機会も増えます。

嫌がらせをするような方は、結構、初心者のブロガーを狙ってくることが多いので、気をつけておきましょう。

まとめ

今回は、アドセンス狩りの理由や被害にあった時の対策などを解説しました。

簡単に、アドセンス狩りについておさらいすると以下の通りです。

  • アドセンス狩りとは、意図的に広告のクリックを増やしてアカウントを停止させる行為
  • 最悪の場合、アカウントをはく奪されることもある
  • アドセンス狩りの目的は、ほとんどが嫌がらせ

アドセンス狩りの被害にあったとしても、対処法はあるので焦らずに、対処してください。

あと、アドセンス狩りは事前に防ぐこともできます。

日頃から注意しておいたり、プラグインなどを導入して、対策されることをおすすめします。

ちょっと大切なことなので補足

最後に、アドセンス狩りについてではないのですが、注意した方が良いことがあるのでお伝えします。

アドセンス狩りは、他人から嫌がらせで、何度も広告の不正クリックをされてアカウントを停止させられてしまうことでした。

ですが、たまに、身内や友人、知り合いが良かれと思って、広告をクリックしてくれることがあります。

こういった行為もアカウント停止やはく奪につながります。

ですので、身内や友人、知り合いの方がクリックしてくれようとしても、「アカウントがなくなってしまうからクリックしないでね。」とお伝えしておくと良いでしょう。

それでは、あなたのブログが安心安全に伸びていくことを願っております(^O^)/

WordPress専門のコミュニティ
「MasterPress」の主宰をしています!


WordPressの基本から大事なポイントなど、分かりやすく丁寧に配信中!

メルマガでは、これからWordPressブログを始めたいと思っているパソコン苦手な主婦のために、ワードプレスブログの作り方をお届けしています。
メルマガの登録は無料!配信解除はいつでもOK! 登録はこちら↓


ABOUT US
ゆかアフィリエイター兼WordPress専門家
ご訪問ありがとうございます! ゆかブログの管理人でアフィリエイター兼WordPress専門家のゆかです。福岡で3人の子供を育てながら、お家でのんびりとブログを書いて生活しています。
ブログを書く以外のお仕事は、パソコンが苦手な女性起業家さんのワードプレスブログ運営をサポートしたり、代行でワードプレスの立ち上げをしています。 ●WordPressコミュニティ『MasterPress』運営
●福岡副業カレッジブログ講師
SEO検定3級
●チャンネル登録1万人超え!WordPressブログ構築専門YouTubeチャンネル「ゆかチャンネル

ゆかブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。
詳しいプロフィールはこちら>>