[PR] WordPress苦手主婦のためのWordPress専門コミュニティ「MasterPress®︎」詳細はこちら

GoogleのAIサービス「Bard」と「ChatGPT」との違いは?

Googleが2023年2月6日にGoogleのチャットAIサービス「Bard(バード)」の発表をしました!

※日本語版の記事はこちら

GoogleのチャットAIサービス「Bard」は、公式サイトによるとGoogleの大規模言語モデル「LaMDA」を搭載したAIサービスです。

Google社のCEOスンダー・ピチャイによると、GoogleのチャットAIサービスは、まず一部のテスター向けに提供し、今後数週間のうちに一般公開する流れで提供をスタートするそうです。

この記事では、2023年2月6日にGoogleから発表されたAIサービス「Bard」について知りたい方向けに、詳細をまとめてみました。

それと「Bard」は、最近人気沸騰中の「ChatGPT」に対抗するためのプロダクトのようなので、2つの違いについてもみていきたいと思います!

人気沸騰中の「ChatGPT」についてもまとめていますので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

AIライティングには「Catchy」も使いやすくておすすめです。

クレジットを使ってAIにライティングをお願いすることができます。無料登録すると10クレジットもらえるので、ぜひお試しで使ってみてください^^

> キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

GoogleのチャットAIサービス「Bard」とは?

Googleは2023年2月6日に、いま人気のチャットAI「Chat GPT」に対抗するためのチャットAIサービス「Bard(バード)」の発表をしました。

Bardは、ユーザーが入力した質問を人工知能(AI)がテキストで答えをを生成するサービスです。

GoogleではBardについて以下のように説明されています。

Bard は、世界の幅広い知識と大規模言語モデルの能力・知性・創造性を組み合わせることを目指しています。Web からの情報を活用し、最新で質の高い応答を提供します。Bard は創造性を引き出し、好奇心の出発点にもなり得ます。例えば、NASA のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による新発見を 9 歳の子供に説明したり、現代サッカーにおける最高のストライカーについて学んだり、とスキルを習得するのに役立ちます。

引用元:Google Japan Blog「AIの次の重要な一歩」

Bardは、Googleの大規模言語モデルの「LaMDA(ラムダ)」を搭載したAIです。

LaMDAというと、LaMDAと対話したエンジニアが「意識が芽生えたAI」と主張し話題になりました。

The Google engineer who thinks the company’s AI has come to life

https://www.washingtonpost.com/technology/2022/06/11/google-ai-lamda-blake-lemoine/

Bardの提供は、まずより多くのユーザーへの提供とフィードバックを得るために「LaMDA」の軽量モデルバージョンでリリースされるとのことです。

GoogleのチャットAIサービス「Bard」いつから一般公開される?

Bardの一般公開日はまだ発表されていません。

まず一部の信頼できるテスター向けに提供された後に、今後数週間のうちに一般公開されるそうです。

また一般公開日などの情報がアップされたら追記していきます。

GoogleのチャットAIサービス「Bard」と「ChatGPT」の違いは?

「Bard」と「ChatGPT」の大きな違いは、Bardは最新のデータで回答を示してくれる点ではないでしょうか。

  • ChatGPTは2021年時点の情報
  • Bardは最新データ

そのほかにも、Googleは「LaMDA」と「Chat GPT」を比較するためのテストを試しどんな回答が返ってくるのかをチェックしたそうです。

その中でも面白いのが、こちらの質問(謎解き)に対する答えです。

“Three women are in a room. Two of them are mothers and have just given birth. Now, the children’s fathers come in. What is the totally number of people in the room?”

【翻訳】”ある部屋に3人の女性がいる。そのうち2人は母親で、出産したばかりです。さて、子供たちの父親が入ってきました。部屋の中の全人数は何人でしょう?”

引用元:/Google testing ChatGPT-like chatbot ‘Apprentice Bard’ with employees

この質問に対して、ChatGPT は「部屋に5人いる」と回答し、LaMDA は「部屋に7人いる」と正しい回答をしました。

このように、ChatGPTは謎かけみたいな質問に対しては弱いのかなぁと思います。

今お伝えした内容を詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

Google is asking employees to test potential ChatGPT competitors, including a chatbot called ‘Apprentice Bard’

https://www.cnbc.com/2023/01/31/google-testing-chatgpt-like-chatbot-apprentice-bard-with-employees.html

実際に2つのサービスにどんな違いがあるのかは、使ってみないと分からないです。使えるようになったら、追記していきたいと思います!

まとめ:GoogleがチャットAI「Bard」発表!「ChatGPT」の違い

今回は、2023年2月6日にGoogleから発表されたAIサービス「Bard」について知りたい方向けに、詳細を調べてみました。

おさらいすると以下の通り。

  • Bardは、ユーザーが入力した質問を人工知能(AI)がテキストで答えをを生成するサービス
  • 一般公開については、まずはテスター向けに提供された後に、今後数週間のうち
  • 「Bard」と「ChatGPT」の大きな違いは、Bardは最新のデータで回答を示してくれる

今のところ分かったのは、このような感じでした。

Googleは、最大の検索エンジンとして守っていかないといけないポジションがあるので、色々と新しいサービスを発表されているのかなぁと思います。

これからの時代は、AIが生活の中にどんどん入ってくるのかと思うと、ユーザーであるわたし達は柔軟に対応していく必要があるのではないでしょうか。

最後にちょっとわたし個人の意見です。

わたしは、ブロガーとしてGoogle検索エンジンからのアクセス流入をしているので、今後AIが進化することでブログはどうなっていくのかがとっても気になります。

ただ、今のところ優秀なAIサービスが出てきたからといってすぐにブログがダメになることもないと感じています。

うまくAIと共存し、今までよりももっと良い情報が提供できたら良いのではないかなぁと思います。

ChatGPTを使ってブログ記事を書くのを試した結果をまとめて記事を書いてます。こちらも合わせて読んでみてくださいね♪

無料メールマガジンでアフィリエイトの基礎知識を公開中!


ブログアフィリエイトの基礎知識を分かりやすく丁寧に丸っと公開中!!

メルマガに登録すると、シークレットサイト「Escape from Zero」にご招待します。このシークレットサイトでは、ブログアフィリエイトの基礎を順序立てて解説しております。
メルマガの登録は無料!配信解除はいつでもOK! 登録はこちら↓


ABOUT US
ゆかアフィリエイター兼WordPress専門家
ご訪問ありがとうございます! ゆかブログの管理人でアフィリエイター兼WordPress専門家のゆかです。福岡で3人の子供を育てながら、お家でのんびりとブログを書いて生活しています。
ブログを書く以外のお仕事は、パソコンが苦手な女性起業家さんのワードプレスブログ運営をサポートしたり、代行でワードプレスの立ち上げをしています。 ●WordPressコミュニティ『MasterPress』運営
SEO検定2級
●チャンネル登録1万人超え!WordPressブログ構築専門YouTubeチャンネル「ゆかチャンネル

ゆかブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。
詳しいプロフィールはこちら>>