スポンサーリンク




オススメの本

『死ぬこと以外かすり傷』を読みました。

更新日:

こんにちは。ゆかです(^^)

 

先日、Twitterで本のプレゼント企画をされていたので、参加してみました。

 

その時の本が当選して届いたので、読んでみました(∩´∀`)∩

こちらの本になります!!

【死ぬこと以外かすり傷】

 

 

幻冬舎の天才編集者・箕輪厚介さんの本『死ぬこと以外かすり傷』です。

超有名な本ですね。

 

わたしは、ネットビジネスの発信をしているので、よくこの本のことは耳にしました。

 

そして内容も人伝いで聞いたことがありました。

今回こうして実際に本を手にしたので、読んでみました。

 

箕輪さんの世界に一気に引き込まれる一冊

『はじめに』の部分を読んだ瞬間に身体が震えました。

そして、どんどんページを進めていくうちにワクワクと高揚を感じました。

 

※ここから本の一部を引用しながらお話を進めます。

 

箕輪厚介さんという人

『はじめに』から箕輪さんがどういう人なのかとうことが、しっかりと書かれていました。

 

自分に素直に生きていて、仕事に対してこんなに誇りに思って楽しんでいる人がいるんだということが始めの部分だけでもすごく伝わります。

編集者さんというお仕事がどういったものかは知らないですが、箕輪さんは編集者として本を作るときに

【相手の才能を吸収するつもりで仕事をする意識】でやっているのです。

ここまで、自分の仕事に打ち込むって編集者さんって凄いお仕事だなって思いました。

 

というか編集者さんが凄いんではなく、箕輪さんの特定の一人に対しての入れ込み方と本を作るときの想いが凄かったんでしょうね。

 

上手く会社を使う

本の中では、副業のことを書いているところがありました。

副業でバイトをする人のことについて書かれたフレーズです。

 

貴重な人生の時間をお金と交換しているだけだ。

副業解禁の時代に活躍したければ、会社というフィールドを使って、外で稼ぐための個人ブランドを打ち立てないといけない。

箕輪さんは会社を上手く使ってノーリスクで自分のやりたいことを実現しています。

これだけ伸び伸びと自分がやりたいことに打ち込めるというのが、ホントに羨ましいと思いました。

どうしても会社に属していると会社の指示通り、やりたくない事もやらないといけません。

それに対して意味がないと思ってもそれを言える人って居ないものです。

 

ですが、箕輪さんは好きな事をやると決め、会社を上手く使って『箕輪厚介』という個人ブランドまで作ってしまったのです。

 

個人ブランドは『自分が何者か、何をやっているか明確に答えられる人間であれ』と箕輪さんは言っています。

こうしてブランドにすることで、ブランド化した自分に価値が生まれお金を稼げるようになるんです。

 

常にありのまま

読んでいて凄くしっくりきた話がありました。

『3歳児レース』です。

 

3歳児って自由にやりたいことはやるし、やりたくなかったらすぐに投げ出します。

 

3歳児の表情は瞬間瞬間でカメレオンのようにクルクル切り替わる。

まさに3歳児ってそんな感じです!!笑

 

でも大人になると本能のままに生きる大人は少なくなります。

 

何かを我慢したり、諦めたり…

 

ですが、箕輪さんの周りにいる人は、大人になっても無敵の3歳児のような人ばかりで、その3歳児のまま駆け抜けることが出来る人ばかりいます。

いつまでも3歳児のようにやりたいことをやるという本能こそ、大事にしていきたいです。

 

風呂敷広げ人になろう

風呂敷を広げるというのは、大きな声で広げた風呂敷の中に人を呼び込むことです。

 

例えば、あなたが冒険の旅に出たとします。

その時に突然、あの島には宝物があるぞ!!と叫び、宝がホントにあろうがなかろうが、そう思わせてその場に集まってもらうんです。

 

そうして自分は何もしないけれども、目を輝かせながら、「宝があるぞ」って叫び、集まった人たちに夢を見せるように先頭に立つ人間になることなんです。

そうやって、風呂敷広げ人になってしまおう。

自分と熱狂出来る人たちを集めることが必要なことだということが分かりました。

 

覚悟がないビジネスはしない

会社のお金を使ってやりたいようにやるからには、覚悟を決めてやることが大事なんです。

熱狂し、とにかく作りたい本を作るためにも、資金は必要です。ちゃんと戦略を考えて打ち出さないと会社に甘えるばかりになってしまいます。

甘えて自分本位の人は、結局何も得られないんです。

 

自分の好きな事を会社に頼ってやるからには、しっかり数字を出していく覚悟を持たないといけません。

箕輪さんは覚悟を決め、熱狂し行動をしていったことで、圧倒的な支持と富をえることができたんです。

 

自分をさらけ出す

大物作家とたくさんお仕事ができた箕輪さん。

普通にオファーしても口説けないような作家さんをどうやって口説いてきたのかが書かれていました。

これは、編集者さんとか関係なく大切な事がありました。

 

人間である限り感情があるのだから、不可能ではないのではないか。

この気持ちで大物さんにもぶつかっていく精神。

これはどんなビジネスにも大切にしたいことだと感じました。

大物だとビビっていても大きな仕事は入ってこないものです。

そこを自分をさらけ出し丸裸になるくらい出し切って人を動かすことができれば、どんな人とでも人間関係を築くことができるのです。

 

熱狂しチャレンジしよう

この本では、何度となく【熱狂】という言葉が出てきます。

熱狂って、漢字のままで見ると、熱に狂うですよね。狂うくらいに物事に集中し、努力をすることがどれだけ凄いことかを教えてくれます。

 

わたしはネットビジネスがホントに好きでやっているけれど、この本を読んでまだまだなって思いました。

毎日好きなように自由に時間を使えて暮らしているから、自由だと思っていたけど、熱狂できていないんです。

 

次から次へとワクワクにチャレンジしていく、箕輪さんのお話はホントに引き込まれました。

そして、常に何か事件が起こるんです…(;´∀`)

 

人が惹きつけられる話って、箕輪さんのようにいつでもストレートに上手くいかないストーリーが大事なんです。

起こった事件に対して、その時々のアイデアでクリアするところにワクワクしてしまうんですよね。

その事件をクリアする箕輪さんが、どんどんスキルアップをし、一人の人間をブランド化し、価値を上げていく姿にわたしは惹かれました。

わたしが本能の部分で求めていたことは、こういう生き方なのかもしれないと気づかされました。

 

最後に

好きなことをやるのは難しい・・・

 

でも、あなたがもし、自分にセーブをかけているのなら、絶対にこの本を読んで欲しいです。

行動するかしないかは、この本を読んでから決めても遅くはないでしょう。

今の時代をどう生き抜くかは自分次第です。

 

熱狂し、本能のままに行動してみよう!!

 

【死ぬこと以外かすり傷】

 

【メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!!】

【メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!!】

ネットビジネスをやってみたいけど『子育ても家事も忙しくて…』という方に、ぜひとも読んでいただきたいです。

アフィリエイト情報をモリっと詰め込んでいます!!

【お気軽にお問い合わせください】

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

 

-オススメの本
-,

Copyright© 初心者のパート主婦が副業収入を得た方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.