>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法

WordPress(ワードプレス)の一般設定内のURLを書き換えてしまった時の対処法




WordPressのダッシュボード、「設定」‐「一般」メニューを見ると、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)という同じような項目があります。

2つの違い
  • WordPressアドレス(URL) — WordPressをインストールした場所
  • サイトアドレス(URL) — そのWordPressにアクセスするためのアドレス

ワードプレスを構築する中で、一般設定のWordPressアドレスとサイトアドレス(URL)を触ってしまって、サイトの管理画面にすら入れなくなってしまった…なんてことになったら焦りますよね。

ぶっちゃけ、この設定のURLというのは、触ってはいけません!!

※設定URLは、SSL化するときだけは書き換えても良いですが、基本的には、触らないようにしておきましょう。

ですが、もしも触ってしまって、大変なエラーを起こしてしまった時の対処法をお伝えします。

こちらのページを参考にしてやってみたけど、できなかったなどというご質問を多々いただきます。

ですが、どのようなOSを使っているとかテキストエディターが何とかいろんな状況でエラーになることがあるんです。

なので、簡単にこれが原因でおかしくなっていますとは言い難いですので、こちらの内容でうまくいかなかったというのはご遠慮ください。

どうしても解決しない場合は、専門家に依頼されることをおすすめします。

YouTubeでも動画で解説しました。

FTP接続ツールのFileZilla(ファイルジラ)を準備しましょう

ワードプレスを運用する際には、かならずファイル内容が編集できる手段(FTPツール等)が必須です。

今回の対処法もFTPからの編集になりますので、まず最初にFTPツールを準備します。

わたしがおすすめしているFTPツールは、FileZilla(ファイルジラ)です。

FileZilla(ファイルジラ)のインストールに関してはこちらの記事を参考に行ってみてください。

「FileZilla(ファイルジラ)のインストール方法」WordPressでFTPソフトを使おう

config.phpにWP_SITEURLとWP_HOMEを書き加える手順

File Zilla(ファイルジラ)のインストールが完了したら、FTPファイルの「config.php」に編集を入れていきます。

まずは、インストールしたFileZilla(ファイルジラ)でサーバーに接続しましょう。

FileZilla(ファイルジラ)でサーバーに接続する方法

FileZilla(ファイルジラ)から「config.php」を見つけよう

FileZilla(ファイルジラ)のリモートサイト(サーバー側)から「config.php」を探していきます。

※ファイルジラのリモートサイト側がサーバーの中のファイルになります。

まずは、ドメイン名を見つけ、「public_html」をクリックし、そこから「config.php」を見つけます。

そして、ローカルサイト(PC側)に保存し、中身を編集します。

「config.php」をテキストエディタで開いて編集します

PHPファイルは、テキストエディタがないと編集ができません。

わたしが使っているOSは、Windowsなんですが、テキストエディタは、テラパッドだったと思います。

>>テラパッドのダウンロードはこちら

では、「config.php」ファイルをテキストエディタで開き、一番下の行に下記のコードを追加しましょう。

update_option( ‘siteurl’, ‘https://****.com’ );
update_option( ‘home’, ‘https://****.com’ );

※http://****.comの部分が、ご自身のサイトURLになります。

こんな感じです。

「config.php」に書き込みしたら、上書き保存をしておきます。

サーバー側に編集した「config.php」を読み込みましょう

上書きした「config.php」を FileZilla(ファイルジラ)でサーバー側にアップします。

上書きしますか?というポップアップが立ち上がりますので、上書きでOKです。

そうしましたら、エラーになってしまったサイトのワードプレスのログインURLを入力しましょう。

すると、通常通りにワードプレスのダッシュボードが開くはずです。

正常にもどったら、書き込んだ update_option はもういりませんので、消しても大丈夫です。

注意点:「config.php」にdefineでsiteurlとhomeを書き加える

サイトのURLを設定から書き換えた時に出るエラーを起こしてしまった時、対処法の検索をすると、「config.php」に下記のようなdefineでsiteurlとhomeを書き加えると出てくることがあります。

define(‘WP_SITEURL’, ‘http://****.com’);
define(‘WP_HOME’, ‘http://****.com’);

ひとまずは、これで解決するような感じがします。

ですが、defineを使うと、ワードプレスの【ダッシュボード→設定→一般設定】からアドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を設定できなくなります。

しかも、書き加えたdefineを消すと、元の状態に戻ってしまうので、根本的な解決にはなりませんので、defineで書き加えないように注意しましょう。

※update_option で書き加えるのは、データベースに保存されるWordPressのサイトオプションを上書きするので、アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の設定がうまく書き換えられるということです。

なので、設定そのものを元に戻したかったら、update_optionを使ったほうが便利です。

まとめ

ワードプレスを運営する上で、設定のサイトURLの部分は、SSL化をするとき以外は触らない方が安全です。

もし、万が一、触ってしまったというときは、この方法で解決することができますので、手順通りに行ってみてくださいね!!

 

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

アフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>