>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法をメール講座にしました

GoogleがオススメするAMPって?その設定は絶対に必要?!




Googleの分析ツールとか使っていると、何かと「AMP設定をした方がいいよ」みたいなことを見かけます。

そもそもAMPが何か分からない方多いと思います。

わたしもAMPって、最近までよくわかっていませんでした。

ですので、AMPとは何かと設定することでどうなるのか?というメリットやデメリットをお伝えします。

AMPとは?

Accelerated Mobile Pages (AMP) は、Googleが中心となって立ち上げた、モバイルでのウェブサイト閲覧を高速化することを目的とするオープンソースプロジェクトである。また、AMPの成果物である一連の仕様やライブラリなどについてもAMPと呼ぶ。AMPは、従来より用いられているHTMLなどのウェブ技術を改良したもので、中核となるのはAMP HTMLと呼ばれるHTMLの一種である。

ウィキペディアより引用:Accelerated Mobile Pages

正直、説明見てもよく分からないですよね(^_^;)

このGoogle AMPについて、もう少し分かりやすく解説しますね。

AMPというのは、機能を制限することで携帯での表示を早くするというプロジェクトの名称になります。

Googleはよりユーザーファーストを目指すために、モバイルでの見え方にも重要視しました。

そこで、出てきたのがAMPです。

AMPでは、元のページの情報を検索エンジンがキャッシュとして記録し、検索結果からのリンク先を直接向けるので、最速でデータを表示させてくれるんです。

キャッシュとは、一度見たホームページのデータをパソコンの中に一時保存して、速く表示できるようにする機能です。

もっと詳しい解説はこちらの『WordPressの高速化プラグインについて』という記事を読まれて下さい。

現在、Googleなどの検索エンジンを使ってモバイルなどから検索を行うと、結果結果として表示されるサイトのURLの前に雷の絵文字がついているのがあります。

これが、AMPに対応しているサイトを示す識別となります。

Google AMPを設定することのメリット

AMP対応サイトにすると、モバイルのサイトページがハイスピードで表示されるようになります。

立ち上がりの待ち時間が少なくなるので、読者さんにとってはストレスが減りますよね。

ですので、直帰率を抑えることができます。

どれくらい早くなるかは端末の状況やネット環境によって変わるのですが、AMPを導入していない状態に比べて、通信されるデータ量は1/10に、表示される速さは4倍にもなるというデータもあるそうです。

Google AMPを設定することのデメリット

圧倒的な速度でページを表示することができるAMPには上記で説明したようなメリットがありますが、デメリットもあります。

まず、AMPはどのページでも同じような効果を出せるわけでないということです。

一般的なニュースやブログ、商品の紹介など、誰に対しても同じ情報を見せるページだったら、すごい効果が得られます。

ですが、SNSやマップやアドセンスなどの人によって異なる情報を見せるページの場合は、効果は限定的になります。

それに、AMPはデータサイズを減らして表示速度をあげるために、使えるタグやJavaScriptの種類が通常よりも限られてしまうんですね。

そのため、デザインが簡素になったり、元のページとは違って見た目がおかしくなったりすることがあります。

使えないタグや機能(プラグイン)を入れていないか、AMP設定する前に十分確認するようにしましょう!!

Google AMPに対応する方法は?

AMPは、あくまでモバイルサイトに対するものであるため、パソコン用のサイトを修正するとかは必要はありません。

モバイル端末に対応させたページを新規で作ることになりますが、自分でこれを作るとかできないですよね。

このAMP対応サイトの作成は、今お使いのWordPressテーマによって違うので、テーマを購入したサイトでAMPについて検索してみて下さい。

わたしが使っているテーマは「STORK19(ストーク19)ですが、ストークの場合は、AMP対応サイトを設定するためにプラグインを導入する必要がありました。

AMPプラグインはこちら>>『AMP

テーマによっては、テーマの管理画面から簡単にAMP設定をすることができます。

ちなみに、わたしが知る限りでは、Cocoon(コクーン)は管理画面からサイト全体にAMP設定可能です。
あと、AFFINGER(アフィンガー)では、サイト全体をAMP対応にするというのはしていなくて、ページ毎に設定できるように投稿ページの編集画面にAMPのチェックがありました。

もし、AMP対応にしたいと言う場合は、ご自身のテーマのサイトで方法を確認してみて下さい。

さいごに:AMPは必要がどうか(個人的意見)

わたし的にAMP対応は、今のところ必要はないかなぁと思いました。

なぜかと言うとあまりにも見た目が簡略化されてしまったからです。

テーマによっては、PCとほとんど変わらないけど、入力フォームみたいなのがなくなるとかあるんですが、わたしはプラグインを導入してAMP対応サイトに変更してみたことがあります。

そのときに、動きは早くても見た目が寂しすぎる・・・って感じだったんです。

この表示が欲しいと言うのが消えたり、見た目がおかしくなっていたりしていたので、すぐにAMPプラグインは停止しました。

このAMP対応に関しては、完全に好みなのかなぁとも思います。

特にデザインを重視しているサイトの場合は、そのサイトのよさが十分に発揮できないなどの問題もあるので、運営するサイトの特徴を考えて導入するかは検討して欲しいです。

ちなみに、サイト表示は、工夫次第で結構早くなります。

キャッシュを削除したり、画像の圧縮をしたりするとかあとは、Googleのタグマネージャーの使用でも変えられると思います。

わたしのサイトのモバイルの表示速度は、「PageSpeed Insights」で分析したら40くらいでした。

でも、実際のスピードはそこまで問題はないかと思っていますので、そこをどう思われるかじゃないかなぁと思います。

この記事を読まれてAMPについてしっかりご理解いただけると嬉しいです。

そして、AMP対応サイトに変更するかどうかの判断の参考になれば幸いです♪( ´▽`)

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

アフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>

1日15分から始める無料メール講座

カテゴリー

あなたにおすすめサービス♪