>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法はこちら

プラグイン【XML Sitemaps】の導入・設定方法を徹底解説!!

こんにちは。ゆかです。WordPressのブログを作るときに、わたし自身が調べたことや人からオススメされたものを備忘録として残しています。

今からブログを作りたいあなたに参考していただきたいです!!

コツコツといいブログやサイトを作ったら、たくさんの人に見てもらいたくありませんか?

そのためには、検索エンジンにきちんと認識してもらう必要があります。

※検索エンジンというのは、GoogleやYahoo!など検索するためのシステムのことです。

ワードプレスには、検索エンジンに認識してもらうために必要な【XML Sitemaps】というプラグインを導入する必要があります。

(2021年7月現在の名称は、【XML Sitemaps】ですが、プラグイン検索では【Google XML Sitemaps】と入力しないと出てこないので、旧名でご説明します)

このプラグインを導入することで簡単に検索エンジンに認識してもらえるようになり、あなたのブログが検索で表示されるようになります。

検索エンジンに認識はしてもらえるのですが、検索上位に上がるかどうかは、記事の質に関わる問題ですので、そこは間違えないようにしてください。

そうすると検索でブログが見つけてもらえるので、たくさんの人から見てもらえるブログとなっていくのです!!

ブログを作ったら、最初にぜひ【Google XML Sitemaps】のプラグインは導入するようにしてくださいね。

では、さっそく【Google XML Sitemaps】の解説を分かりやすく図解入りでご説明していきまーす♪(∩´∀`)∩

【XML Sitemaps】とは?

【XML Sitemaps】とは… WordPress サイトの サイトマップ を自動で作成・通知ためのプラグインです。

プラグインを導入するだけでこんな機能があります。

・ Googleの規定に準拠したサイトマップを自動で生成してくれます。
・ サイトマップを生成後、自動で検索エンジンに通知します。
・ サイトマップに含める、あるいは除外するコンテンツの指定をすることができます。
・サイトやコンテンツの更新頻度・優先順位の指定をできます。
・コードを書く必要はなく、選択式なので簡単です。

一度設定するだけで良いので、ぜひとも入れておきたいプラグインですね。

では、早速インストールしていきましょう。

WordPress に【XML Sitemaps】のプラグインをインストールする方法

①WordPress のダッシュボードの左側のメニューの「プラグイン」にマウスを合わせて「新規追加」をクリックします。

②画面が切り替わるので、右上の「プラグインの検索」にプラグイン名(Google XML Sitemaps)を入力します。

2021年7月現在、「XML Sitemaps」と名称が変わったのですが、検索では、「Google XML Sitemaps」と入力した方が探しやすいです。

③検索結果に【XML Sitemaps】が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

④少しすると【有効化】というボタンに変わりますので、クリックします。

※有効化をクリックしないと、導入したプラグインは機能しません。

以上で【Google XML Sitemaps】のインストールは完了です。

【XML Sitemaps】の設定方法

【XML Sitemaps】は有効化をしてあれば、特に設定しなくてもそのままで使えます。

ですが、さらに効果を高めるための設定をした方がよいでしょう。

①ダッシュボード左側のメニューの「設定」にマウスを合わせ、表示されたメニューの「XML‐Sitemap」をクリックします。

②XML サイトマップの設定画面が表示されたら設定をしていきます。

『基本的な設定』…上の3つにチェックを入れます。

  • 一番目は、Google
  • 二番目は、Bing
  • 三番目は、サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加

検索エンジンに対して、正確にサイトマップを伝えることができます。

『投稿の優先順位』…【優先順位を自動的に計算しない】を選択すると、このあとの設定の優先順位の定義が反映されます。

『Sitemapコンテンツ』では、サイトマップに入れるコンテンツの登録ができます。

検索エンジンに通知する重要なページの指定をしましょう。

一般的には、ホームページ・投稿・カテゴリー・最終更新時刻を含めるの4つの項目にチェックで大丈夫です。

検索エンジンに必要なページだけをサイトマップに掲載すると効率よくクローラーに巡回してもらえるため、結果的に SEO 対策につながります。

『Excluded Items』…サイトマップから除外するコンテンツを指定します。特にないときは、不要です。

『Change Frequencies』…検索エンジンに通知するサイトマップの投稿頻度を設定します。

コンテンツごとに【常時・毎時・毎日・毎週・毎月・毎年・更新なし】から設定します。

コンテンツの投稿頻度に合わせるのがオススメです。

『優先順位の設定 (priority)』…検索エンジンに通知するときに、コンテンツの重要度を【1.0(重要)から0.0(重要ではない)】から0.1刻みで細かく設定できます。

すべての設定が終わりましたら、【設定を更新】します。

これで設定が終わりました。

ここで作成したサイトマップは【Google Search Console(グーグルサーチコンソール)】にサイトを登録し、サイトマップを送信して初めて機能します。

Google Search Consoleへの登録とサイトマップへの送信方法は下記の記事をご覧ください。

まとめ

あなたのブログをたくさんの方に認識してもらうためにも、必ず【Google XML Sitemaps】を導入してくださいね!!

あなたのブログがより良いブログになりますように!!

それでは。また|д゚)ノ

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>