>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法

【Classic Editor】グーテンベルクから従来エディターに戻す方法




WordPress(ワードプレス) を何気なく更新したら、投稿の画面が変わってしまったと焦る方がいらっしゃいます。

WordPress(ワードプレス)は、ワードプレス5.0にバージョンアップしてから、グーテンベルク(Gutenberg)という新しいエディターに変わってしまったのです。

知らないとかなりびっくりしちゃいますね(^_^;)

この記事では、ワードプレス5.0からリリースされたグーテンベルク(Gutenberg)という投稿エディタから従来のClassic Editor(クラシックエディター)に戻す方法を解説していきます。

WordPress(ワードプレス)を使う人必見!Classic Editorは2021年まで

WordPress(ワードプレス)の新エディターGutenberg(グーテンベルク)とは

Gutenberg Editor(グーテンベルクエディター)とは、WordPress5.0から新しく追加されたエディターのことです。

エディターとは何かというと、辞書を引くと「編集者」といういう意味があります。

つまり、ワードプレスで言うところのエディターとは、投稿や固定ページの本文を入力し編集する箇所のことになります。

これまでの従来のエディター、クラシックエディターと違い、ブロック単位でコンテンツを作っていくというのがGutenberg(グーテンベルク)エディターの特徴になります。
 

従来のエディター
「ClassicEditor(クラシックエディター)」
新エディター
「Gutenberg(グーテンベルク)」

旧編集画面に戻すプラグイン「Classic Editor(クラシックエディター)」

ワードプレスの編集画面が、従来のクラシックエディターの方が使いやすいという方もいらっしゃるかと思います。

それにお使いのテーマによっては、まだGutenberg(グーテンベルク)未対応の場合もあるでしょう。

そんな時は、プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。
 

Classic Editorは、WordPressチームによって管理されている公式のプラグインです。以前のWordPressエディタを復元します。Gutenberg未対応のプラグインやテーマを利用している場合は、Classic Editorを導入することで再度利用可能になります。

Classic Editor(クラシックエディター)で旧編集画面に戻す方法

では、ここからは、Classic Editorのプラグインを導入する手順をご紹介していきます。
 

①ワードプレスのダッシュボードから、【プラグイン】にマウスを合わせて【新規追加】をクリックします。

②プラグインの画面に切り替わりますので、【新規追加】をクリックします。

③画面が切り替わるので、右上の【プラグインの検索】プラグイン名(Classic Editor)を入力します。

④検索結果に【Classic Editor】が表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

⑤少しすると「有効化」というボタンに代わりますので、クリックします。

導入したプラグインは、必ず【有効化】しないと機能しません。

以上でインストールは完了です。

プラグイン導入後には、固定ページや投稿ページの編集画面を開き、元のエディターに戻っているか確認をしてみてください。

旧エディターと新エディターを併用する方法(オプション設定

旧エディター(クラシックエディター)を新エディター(グーテンベルクエディター)を併用することもできます。

併用したい場合は、左のバーの「設定」にマウスを合わせて「投稿設定」をクリックします。

投稿設定の画面が開きましたら、「すべてのユーザーのデフォルトエディター」をここでは「クラシックエディター」にチェックをし、「ユーザーにエディターの切り替え許可をします」「はい」にチェックします。

固定ページ一覧または投稿ページ一覧をみると、各ページの編集が新エディター(ブロックエディター)と旧エディター(クラシックエディター)から選択できるようになっています。

以上で設定は完了です。

Classic Editorのプラグインの提供は2021年までかもしれないので、注意しておきましょう。

WordPress(ワードプレス)を使う人必見!Classic Editorは2021年まで

まとめ

今回は、ワードプレス5.0に更新した時に、新エディターになってしまったのを、プラグイン「Classic Editor」を導入して従来のエディターに戻す方法をご紹介しました。

テーマやプラグインでは、まだGutenbergエディターに対応していないものも多少あります。

ですので、Classic Editorに戻す方法は、まだ使えるかと思います。

とはいえ、2021年には、新エディターへと移行しないといけないので、少しずつグーテンベルクエディターに慣れるようにしましょうね(*^^*)

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


ABOUT US

アフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>