>>アフィリエイトで毎月20万円の報酬が発生する仕組みを作る方法はこちら

【2021年2月最新版】EWWW Image Optimizerの設定方法!画像を圧縮して表示速度をアップしよう

ゆかです。

今回もWordPressカスタマイズの備忘録としてアップします。

ご紹介するプラグインは【EWWW Image Optimizer】です。

それでは、順番にご説明していきます。

 

【EWWW Image Optimizer】とは?

【EWWW Image Optimizer】は、サイトにアップした画像を自動で圧縮してくれる便利なプラグインです。

画像サイズが大きいとサイトの表示速度が遅くなり、せっかく訪問してくれた読者さんの離脱につながります。

読者さんが快適に閲覧できるように導入しておくことをオススメします。

またSEO的にも、表示速度が速い方が、評価アップにつながりますので、必須のプラグインになります。

 

【EWWW Image Optimizer】インストール方法

WordPressのダッシュボードを開きます。

 

【プラグイン】にマウスを合わせて、【新規追加】をクリックします。

 

【プラグインを追加】の画面に切り替わりましたら、プラグインの検索にプラグイン名(EWWW Image Optimizer)を入力します。

 

検索結果の中に【EWWW Image Optimizer】が表示されるので、【今すぐインストール】をクリックします。

 

インストールが完了したら【有効化】をクリックします。

 

画面が切り替わり、【プラグインを有効化しました】という表示がでたらインストールは完了になります。

続いて設定していきます。

 

【EWWW Image Optimizer】の設定方法

※設定方法が2021年2月現在に見たら大幅に変わっておりました。
今の内容に変更はしましたが、若干、古い画像が残っております。
似たような項目を見つけていただけると助かります。

 

【設定】にマウスを合わせて【EWWW Image Optimizer】をクリックします。

 

下図の画面が表示されます。

こちらは、プラグインを導入することでどんな目標がありますか?みたいな質問になります。

  • Speed up your site:あなたのサイトをスピードアップ
  • Save storage space:ストレージスペースを節約する

選択する方は、上のサイトスピードアップの方でOKです。

 

下の方は、

  • Get 5x more optimization and priority support:有料のサポートが必要ですか?
  • Stick with free mode for now:今のところフリーモードに固執する

という内容なので、下の方にチェックを入れたらOKです。

 

チェックを入れたら「Next」をクリックしてください。

 

こちらの画面に切り替わります。

全てにチェックが入っているはずですが、「メタデータを削除」にチェックが入っているかが重要なのでそこだけは確認してください。

※メタデータは、画像内に入っている撮影場所やカメラ情報になります。

ちなみに、下の2箇所のチェックは外してもOKです。

  • Embedded Help(ヘルプ)
  • Anonymous Reporting (匿名で報告)

 

確認をしたら、「Save Sattings」をクリックします。

 

すると以下のような画面に切り替わりますので、「Done」をクリックします。

以上で設定が完了です。

 

設定が終わったら、基本の設定画面になります。

 

Bacic:基本設定

ダッシュボードの左メニューから「設定」→「EWWW Image Optimizer」をクリックします。

 

このような画面が表示されますので、基本タブの「Enable Ludicrous Mode」をクリックしてください。

 

ここでは【Remove Metadata】にのみチェックがはいっているのかを確認してください。

※メタデータとは…画像に組み込まれた撮影日時や撮影場所などの情報です。メタデータを削除することで、画像データを軽くすることが出来るのと同時に、写真の撮影場所やカメラ設定などから個人情報が流出するのを防ぐ効果もあります。

 

 

Convert:変換

変換設定になります。

 

 

ここでは、【コンバージョンリンクを非表示】にチェックを入れておきます。

※EWWW Image Optimizerには、【png】を【jpg】に変換したり、【jpg】を【png】に変換する機能があります。

ここにチェックを入れておかないと、自動で勝手に変換が行われたり、そのために画質が悪くなってしまったり、フォルダ内の画像がやたらと増えてしまう事があります。

 

以上の設定が完了したら、【変更を保存】をクリックします。

 

既にある画像を最適化しよう

インストールして、設定が終わったら、既にアップロードしてある画像がある場合は、手動で圧縮する必要があります。

 

【メディア】にマウスを合わせて【一括最適化】をクリックします。

 

 

画面に切り替わりましたら、【最適化されていない画像をスキャンする】をクリックします。

 

下の図のように、まだ圧縮されていない画像が検出されました。

 

【最適化を開始】をクリックします。画像の数で時間がかなりかかることがありますが、ただひたすらに待ちます。

【完了】という表示がでたら最適化できました。

 

※最適化する画像が無い、または既に全て最適化されている場合は、【最適化するための画像がありません】と表示されます。

 

最後に

EWWW Image Optimizerを導入した後にアップロードする画像は、全て自動で圧縮されるのですが、インストールして設定したら、まず【一括最適化】をするようにしてください。

一度、最適化すれば、この作業は必要ありません。

あとは、自動的に画像を圧縮してくれるようになります。

 

表示速度が遅いサイトは、せっかく訪問してくれた人がいてもすぐにサイトを閉じてしまう原因となります。

こういったプラグインを導入することで、サクサク表示されるサイトにすることをオススメしますよ(^^)

 

シェアしてね♪


ブログ記事を書いても一向に成果が出ない!
心が折れそうな思いをするのはもう終わりにしませんか?


登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方はご登録くださいね!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ゆかアフィリエイター兼WEB制作マーケター
ご訪問ありがとうございます!
当ブログの管理人でアフィリエイター兼WEB制作・マーケターのゆかです。

パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。

毎月1から2件のサイト代行をし、WordPressのコミュニティを運営したりアフィリエイトサイトを運営したりしております。

当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

詳しいプロフィールはこちら>>