プラグイン WordPress

【TinyMCE Advanced】をつかって投稿するときに入力ボタンを増やしましょう

更新日:

こんにちは。ゆかです。

 

WordPressのブログを作るときに、わたし自身が調べたことや人からオススメされたものを備忘録として残しています。

今からブログを作りたいあなたに参考してもらえればいいなと思っております。

それでは本日は、【TinyMCE Advanced】というプラグインのご紹介です。

それでは早速、順番にご説明していきます。

 

【TinyMCE Advanced】とは?

WordPressの初期の投稿機能には、投稿するときに足りない機能があります。

例えば、表の挿入、YouTube動画コードの挿入などがありません。

もし、入力したいときは、テキストモードでタグ打ちしたりする必要があります。

 

このHTMLのタグ打ちってのがほんとうに大変!!

 

わたしは、タグ打ちでかなり憔悴しきったことがあります。できればやりたくないです。

 

しかし、今回ご説明するプラグイン【TinyMCE Advanced】というのは、WordPressの投稿画面の編集ボタンをカスタマイズしたり、タグ打ちしなくても簡単に表を挿入したりすることができるのです。

 

【TinyMCE Advanced】のインストール方法

WordPressのダッシュボードにログインします。

 

 

【プラグイン】にマウスを合わせて【新規追加】をクリックします。

 

画面が切り替わるので、右上の【プラグインの検索】にプラグイン名(TinyMCE Advanced)を入力します。

 

 

検索結果に【TinyMCE Advanced】が表示されます。

 

【今すぐインストール】をクリックします。

 

少しすると【有効化】というボタンに代わりますので、クリックします。

※有効化をクリックしないと、導入したプラグインは機能しません。

画面が切り替わり、【プラグインを有効化しました】と表示されれば完了です。

 

インストールが完了しましたら、続けて設定していきましょう。

 

【TinyMCE Advanced】の設定方法

【設定】にマウスを合わせて【TinyMCE Advanced】をクリックします。

 

 

下図の【エディター設定】の画面に切り替わります。

 

使用しないボタンの中から追加したいボタンを見つけてドラッグアンドドロップで追加します。

わたしは、【スタイル】【フォントサイズ】【フォントファミリー】【背景色】【下線】【横ライン】を追加しました。

 

下へスクロールしていくと、【設定】があります。

 

上記2つのところにチェックをいれてください。

 

・フォントサイズにチェックすると、フォントサイズの単位をpx(ピクセル)に変更できます。

(ブログは PC やスマートフォンの画面を中心に表示するものなので、その画面表示に適したpxを選ぶとよいですよ。)

・段落タグの保持にチェックすると、記事編集時の不具合を抑えることができます。

 

さらにスクロールして、右端の【変更を保存】で設定は完了します。

補足

最初に使うときはアイコンが隠れています。

下図のようにツールバーの切り替えをクリックすることで、隠れたツールバーが表示されます。

 

とても便利な【TinyMCE Advanced】のプラグインを導入し、記事を入力するときの時短につなげてもらえたらいいなぁと思います。

簡単ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

【お気軽にお問い合わせください】

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

 

スポンサーリンク




-プラグイン, WordPress
-, , , ,

Copyright© 初心者のパート主婦が副業収入を得た方法! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.