>>アフィリエイトで自動化の仕組を学びたい方はこちら

【Contact Form 7】お問い合わせフォームを作ろう




こんにちは。ゆかです。

 

WordPressのブログを立ちあげたら、まずプラグインをインストールする必要があります。

プラグインは相当な数あり、どれをインストールしたらいいのかが本当にわかりません。

わたしなりに、良いと思ったプラグインのご説明していきます。

 

本日のプラグインは、【Contact Form 7】というプラグインになります。このプラグインでは、お問合せフォームを簡単に作ることができます。

では早速ご説明していきましょう。

 

【Contact Form 7】をインストールする方法

WordPressのダッシュボードにログインします。

 

【プラグイン】にマウスを合わせて【新規追加】をクリックします。

 

 

画面が切り替わるので、右上の【プラグインの検索】にプラグイン名(Contact Form7)を入力します。

 

 

検索結果に【Contact Form 7】が表示されます。

 

 

【今すぐインストール】をクリックします。

 

少しすると【有効化】というボタンに代わりますので、クリックします。
※有効化をクリックしないと、導入したプラグインは機能しません。

 

画面が切り替わり、【プラグインを有効化しました】と表示されれば完了です。

インストールと有効化ができましたので、さっそく設定していきます。

 

【Contact Form 7】お問合せフォームの設定方法

フォームの作成と設定を行っていきます。

 

 

左のメニューの【お問合せ】にマウスを合わせて【新規追加】をクリックします。

コンタクトフォームを追加という画面に切り替わります。

 

【ここにタイトルを入力】と表示されているところに、フォームの名前を入力していきます。

(例:お問合せフォーム・コンタクトフォームなど)

下の【フォーム】という枠内にお問合せフォームの項目を選びます。

 

わたしは、このままの内容で

・お名前

・メールアドレス

・題名

・メッセージ本文

としています。

 

次に【メール】の設定です。

 

【メール】をクリックすると、上図の画面になります。お問合せがあったときのメール通知設定となります。

【送信先】にお問合せを受けるメールアドレスを設定するようにします。

※Contact Form 7 は送信されたメッセージをどこにも保存しません。このとき、もし設定メールアドレスが間違っていると大事なメッセージを受け取ることができず見落としてしまいます。

メールアドレスの間違いがないように設定しましょう。

【送信先】以外はそのままでいいと思います。

 

 

すべて設定ができましたら、【保存】をクリックします。

 

すると下図のような画面に切り替わりますので、赤枠部分をコピーします。

 

これで、お問合せフォームは出来上がりました。

 

お問合せフォームの設置方法

お問合せフォームは、固定ページに設置して、グローバルメニューやサイドバーにリンクを貼るというのが多いです。

わたしは、固定ページに設置していますので、固定ページに設置してみましょう。

固定ページの編集画面を開きます。

 

必ず【ビジュアルモード】になっていることを確認してください。

設定したときにコピーしておいたコードを貼り付けます。

これでお問合せフォームが設置できました。

 

 

どうですか?すごく簡単に設置できましたね。

 

途中にも説明していますが、Contact Form 7 は送信されたメッセージをどこにも保存していません。

メールアドレスの間違いがないかどうか確認するためにも、設置されたら、一度ご自分でお問合せフォームからメッセージを送信してみてください。

メールにメッセージが届くとちょっと興奮しますよ。

 

【お気軽にお問い合わせください】

わたしは、初心者さんへワードプレスのブログ作成方法を教えたり代行作成を行っています。

シェアしてね♪


無料メルマガで詳しくアフィリエイトの情報発信中!


わたしが実践している【ブログメルマガアィリエイト】について、初心者さんにも分かりやすくをモットーに発信しているメルマガです。
たくさんの読者さんから『解りやす過ぎる』と大絶賛のレポートや、図解による操作マニュアルをプレゼントしています。

登録は無料!解除はいつでも自由! 興味のある方は下の画像をクリックくださいね。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください